ムラサキニガナ

このページでは山野草のムラサキニガナを掲載しています。


 昨年から1本だけ育てているムラサキニガナが、自生地とほぼ同時期に開花しました。


ムラサキニガナ

開花したムラサキニガナ(2012年7月上旬 自宅)


ムラサキニガナ

花は下向きに咲きます(2012年7月上旬 自宅)


 最初に咲いたものは、早くも種を結んでいました。


ムラサキニガナ

ムラサキニガナの種(2012年7月上旬 自宅)


 ムラサキニガナは、大きなものでは草丈が1㍍を超えます。しかし茎は細く、見るからにひ弱な野草に感じられます。これは茎の上の方の葉が、地面近くの葉に比べてとても小さく、おまけに葉の数が少ないので、そう感じるのかも知れません。ひょろひょろと伸びる分、強風時などで空気抵抗が少なくなるように工夫されているようにも見えます。ただ花の数が多いので、頭でっかちで重そうです。
 各花の直径が1㌢程度なのは、花を小さくしてたくさん咲かせ、より多くの種を飛ばして繁栄しようとする戦略なのでしょう。この植物の生育環境からして、日光のよく当たる場所では育ちにくく、多くの種を飛ばしても生長できる適地に落下するとは限りません。


ムラサキニガナ
自生地のムラサキニガナ(2012年7月上旬 南丹市)

ムラサキニガナ

自生地のムラサキニガナ(2012年7月上旬 南丹市)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ムラサキニガナ(キク科アキノノゲシ属の多年草)
 本州、四国、九州に分布。口丹波では山麓のやや湿った日陰から半日陰のような場所で見られます。
 花期は6月下旬頃から7月末頃で、長い茎の先の方に多くの花をつけます。花の後には冠毛が発達し、種子はタンポポのように風に運ばれ遠くへ飛んで行きます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク