鍬山神社の水無月祭

このページでは2012年に亀岡市の鍬山神社で営まれた水無月祭の様子を紹介しています。


 1年の半分が過ぎた6月30日は、各地の神社で大祓の神事が行われます。半年の間に犯した罪や穢れを神様に取り除いてもらう行事で、夏越祓などと呼ばれています。また陰暦で6月を水無月ということから、水無月祭とも呼ばれています。

 亀岡市の鍬山神社では、この水無月祭が6月30日ではなく、毎年半夏生の日である7月2日に営まれています。


鍬山神社の水無月祭

水無月祭開始前(2012年7月2日)


 水無月祭は午後4時から始まります。3時を過ぎたあたりから氏子さんたちが三々五々境内に集まって来ました。正面の鳥居には大きな(ち)の輪がかけられていました。

 午後4時、神職が現れて、氏子代表らと拝殿に入ります。拝殿では祭祀に先立って祝詞が唱えられ、お祓いが行われました。


鍬山神社の水無月祭

水無月祭の開始(2012年7月2日)


 その後神職を先頭に、先ず鍬山宮の隣に鎮座される八幡宮へ向かい、そちらで祭礼が行われ、八幡宮の後に鍬山宮で同じように祭礼が行われました。


鍬山神社の水無月祭

八幡宮での祭礼の様子(2012年7月2日)


鍬山神社の水無月祭

鍬山宮での祭礼の様子(2012年7月2日)


 祭礼が終わると、次は神職によって人形(ひとがた)が境内を流れる川に流されました。人形1つに1人の名前が書かれています。氏子さんや観客が自分や家族の名前を書いたものです。
 氏子さんたちは事前に書かれていたのでしょう。流された人形の数は想像以上に夥しい数でした。


鍬山神社の水無月祭

人形が川に投じられます(2012年7月2日)


鍬山神社の水無月祭

舞う人形(2012年7月2日)


鍬山神社の水無月祭

川を流れる人形(2012年7月2日)


 これは川流しの儀と呼ばれ、下半期の無事を願う儀式で、人形の数は1万枚を超えるということです。

 川流しの儀の後は、神職を先頭に、境内にいる全員が無病息災を願って茅の輪を潜りました。


鍬山神社の水無月祭
茅の輪潜り(2012年7月2日)

鍬山神社の水無月祭

茅の輪潜りの作法(2012年7月2日)



 鍬山神社はモミジの名所として有名ですが、夏の境内も大変美しい神社です。
 記事の内容とは無関係ですが、この日撮った写真を何枚か掲載しておきます。


鍬山神社

境内(2012年7月2日)


鍬山神社

鍬山宮 八幡宮両神社の裏(2012年7月2日)


鍬山神社

八幡宮(2012年7月2日)


鍬山神社

八幡宮(2012年7月2日)


鍬山神社

鍬山宮(2012年7月2日)

クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



鍬山神社の水無月祭
 神社の住所: 亀岡市上矢田町22-2
 水無月祭の日、境内では見学者に御神酒と水無月(ういろう)が振舞われ、無病息災を願った飾りの茅の輪と人形(6枚)がセット価格500円で販売されていました。
 本格的な梅雨のシーズンをむかえ、前日は大雨の1日でしたが、水無月祭の2日は爽やかな風の吹く、気持ちの良い夕方でした。罪や穢れを落として、また新たな気持ちで1年の後半に臨みたいと思います。

 ホームページ「口丹波の社」鍬山神社のページはコチラ


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク