コヒルガオ

このページでは盛夏に咲く、コヒルガオの白い花を掲載しています。


 福知山市に繋がる京丹波町の峠の上の方で、白いコヒルガオの花と出会いました。


コヒルガオ

コヒルガオの花(2012年6月下旬)


 コヒルガオの花は、これから夏の終わり頃まで長く見ることができます。淡紅色のヒルガオは口丹波のいたるところで見ることができますが、コヒルガオも同じくらい多くあるかどうかは判りません。コヒルガオの花が淡紅色をしていたら、どれもヒルガオだと思ってしまうからです。

 コヒルガオの花はヒルガオよりも幾分小さいだけでなく、姿も若干違うように感じます。


ヒルガオ

これはヒルガオの花(2011年8月中旬京丹波町)


 ここでは、コヒルガオのツボミから開花までのステップを見ることができました。


コヒルガオ

コヒルガオのツボミ(2012年6月下旬)


コヒルガオ

コヒルガオのツボミ(2012年6月下旬)


コヒルガオ
コヒルガオの開花(2012年6月下旬)

 ヒルガオの花の色はみな同じだと思っていたので、白い花のコヒルガオが見つかった時は、ちょっと嬉しくなりました。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



コヒルガオ(ヒルガオ科ヒルガオ属のツル性多年草)
 全国に分布。 花期は6~8月頃。
 ヒルガオよりも一回り小さいので、この名前になったようです。ヒルガオとは花の大きさの他に、葉の形や花柄に縮れた翼が有るか無いか(コヒルガオにはあるそうです)などの違いがあるようで、このページの植物をコヒルガオとしたのは、葉の形で決めました。
 コヒルガオの花色は薄い紅色から、上の写真のように真っ白のものまであり、紅色の花だとヒルガオだと思って立ち止まって観察までしなかったかも知れません。
 コヒルガオは花をたくさん咲かせますが、実を結ぶことはめったにないようで、地下茎をのばして増えていきます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク