ビオトープの四季 初夏の換水

このページでは自宅ビオトープの初夏の様子を掲載しています。


 春頃からやろうと思っていたビオトープ(実際には小さな水溜り)の水換えを、ズルズルと先送りしてようやく6月の頭に決行しました。今年の春は肌寒い日が多かったので、延ばしのばしになっていたのですが、この日は暑くて汗をかきました。

 ただそうは言っても、寒い時期にするような大がかりな掃除はせずに、水は完全に抜かず、魚やヤゴを一時非難させることもなく、底に溜まった落ち葉や泥を手で取り除くだけの大雑把な掃除です。

 水は藻類によって青く濁っていましたが、新芽を出したばかりの水生植物を動かしたくないために、今の時期の掃除はいつもこの程度にしています。
 青く濁った水は毎年のことで、ハシカのようなものだと思っています。植物の葉が繁ると自然と澄んでくるものです。


ビオトープの掃除

水を抜く前のビオトープ


 右端ではコウホネの葉がのびています。コウホネは水中葉も活発に広げています。
 右下の赤紫色をした丸葉はヒメスイレンで、その左隣の青い葉はヒルムシロです。見辛いですがヒルム
シロは花茎を水上に出しています。
 左端の細長い葉はイグサで、現在開花中です。
 また写真中央やや右の細い葉はカンガレイで、カンガレイは水中葉もたくさん出しています。
 その他アサザの小さな丸葉が浮いていて、水中にはマツバイ(ヘアーグラス)やオモダカが生長中です。


ビオトープの掃除

水抜き開始


 このビオトープの水を抜くのに欠かせないのが、バスポンプです。風呂の水を洗濯機に移すためのポンプですが、これは大変便利な道具です。


ビオトープの掃除

水抜き終了


 植物はすべて鉢植えで沈めています。その種類によって、深い場所と浅い場所に分けて配置しています。もっともコウホネは大きくなり過ぎて、根全体の70%は鉢からはみ出していますが……。
 この段階で鉢の隙間の枯れ葉(このビオトープの場合は主にマツ葉)と泥や石、また捕獲出きればまだ若くて小さなウシガエルなどを排除します。(トノサマガエルは駆除しません)
 右下のプラケースには大磯砂が入っていて、二枚貝が入れてあったのですが、すべて死滅していました。この容器の砂だけはきれいに水洗いをしてセットし直しました、

 一通りザックリと掃除を終えると、ホースで1度溢れるところまで水を入れて、水面に浮いたアクや細かな埃を流します。この時には、水面を泳ぐメダカがゴミと一緒にこぼれ落ちないように注意が必要です。


ビオトープの掃除

満水状態に回復したビオトープ


 当然のことですが、水の青みは取れていません。しかしそんなことは大した問題にはならないので、これで次回の掃除まで、およそ5ヵ月は放置状態とします。
 水抜きスタートから完了までの所要時間は約1時間30分とズボラな掃除です。

 掃除した翌日、水面ではお腹に卵を抱えたメスを一所懸命に追いかけるオスのメダカが観察され、ビオトープの縁に繁茂したシダに目をやると、ヤゴから羽化したばかりのトンボ(おそらくオオシオカラトンボ)の羽を乾かす姿が見られました。


ビオトープの生き物
ヤゴ(左下)から羽化したトンボ

にほんブログ村 小動物ブログへ



 こんなに小さな水溜りでも、多くの生き物の命の営みが観察でき、結構楽しいものです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

素敵なビオトープですね。
こちらの池ですが、どのぐらいの大きさなのでしょうか?!

参考に教えて下さい!

Re: こんにちわ

tm74さん
ありがとうございます。褒めていただけるような代物ではありませんが・・・
大きさは長辺内寸が180cmほどで、浅い半円形をしています。面積で
言えば畳1枚分より少し小さいぐらいです。深さは1番深い場所でも
30cm足らずと浅いもので、投入しているコウホネやスイレンには
可哀想な感じです。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク