ジムグリ

このページでは爬虫類(ヘビ)のジムグリを掲載しています。


 暖かくなってきて、今年もヘビが活動する季節になりました。今年最初にヘビを見たのは4月下旬で、シマヘビでした。もともとヘビは苦手で、できれば出会いたくはなのですが、山や川のそばを歩くとヘビの昼寝を邪魔してしまい、突然ガサガサッと動き出し肝を冷やすことがあります。特にシマヘビはこちらに向かってくることがあるので、1番苦手なヘビです。

 南丹市の山で植物の観察をしている時に、初めてではないですが、めったに見ない美しいヘビと遭遇しました。


ジムグリ

体長70㌢ほどのジムグリ(2012年5月上旬)


 この時はそのヘビの種類は知りませんでした。帰って調べて、おそらくジムグリだろうと思っています。調べても体色には個体差があるみたいで、確信は持てていません。頭部にあるⅤ字の模様で、そう思っているだけです。
 あと、日本の本州に生息するヘビは、そんなに種類が多いわけではないので、「アオダイショウじゃない」「シマヘビではない」「ヤマカガシでもない」と、消去法でジムグリが残ったわけです。


ジムグリ

頭部に明瞭なⅤ字模様が見えます(2012年5月上旬)


 体色は赤味がかった黄色で、不明瞭な黒点というか帯のような模様があり、きれいです。

 近づいてカメラを向けると、一応威嚇のポーズらしき態勢はとりますが、本気で怒っている様子ではなく、動きもゆっくりとしたものです。「邪魔くさいやつが来た」ぐらいしか思っていない様子です。


ジムグリ
ゆっくり遠ざかるジムグリ(2012年5月上旬)

ジムグリ

ゆっくり遠ざかるジムグリ(2012年5月上旬)


にほんブログ村 小動物ブログへ



ジムグリ(ナミヘビ科ナメラ属)
 ジムグリとは変な名前ですが、漢字では地潜と書き、地中に潜ることが多いみたいです。夏の暑さなど
は苦手なようで、飼育下では暑さ対策が必要とのことです。
 北海道、本州、四国、九州に棲息し、日本固有種だそうです。
 体長は1m前後になります。(以前見たことがあります)
 うっかり噛まれても毒ヘビではないので心配は要りません。
 アオダイショウやシマヘビと違い人前にはめったに現れませんが、口丹波には多く棲息しているヘビだと思います。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク