ウリハダカエデ

このページでは落葉高木のウリハダカエデを掲載しています


 ウリハダカエデは山地の沢や渓流近くに自生しています。

 ここに掲載するウリハダカエデも、小さな沢に覆いかぶさるように長く枝をのばしていました。


ウリハダカエデ

沢の上に枝をはるウリハダカエデ(2012年4月下旬 京丹波町)


 幹自体も、真っすぐ上にはのびず、沢や渓流側に斜めにのびるものをよく見ます。その方がより日光を受けやすいように思えます。

 4月下旬、ウリハダカエデは花期を迎えていました。新葉と共に総状花序を出す木です。


ウリハダカエデ

ウリハダカエデの花(2012年4月下旬 京丹波町)


 この花は風媒花といって、蜂などの昆虫や小鳥に花粉を運んでもらう方法を取らず、風だけを頼りにしている花なのだそうです。風通しの良い狭い谷間に自生するのは、広い平地に生きるよりも受粉できる確率が高いからなのかも知れませんね。

 ウリハダカエデの紅葉はイロハモミジのような鮮やかな赤ではなく黄色です。しかし徐々に色が変化する様は、十分秋を感じさせてくれます。


ウリハダカエデ
ウリハダカエデ(2012年4月下旬 京丹波町)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ウリハダカエデ(カエデ科カエデ属の落葉高木)
 本州、四国、九州に分布。雌雄異株で花期は4~5月頃。
 高木ですが樹高10㍍を越えるような木は、まだ見たことがありません。
 若木の樹皮がマクワウリに似ているところから、この名前が付いたのだそうです。
 昨年この木の枝を1本挿し木してみたところ、ちゃんと根が出て、今春には葉も出しました。流石に花は咲きませんが、秋には紅葉が見られそうです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク