小さな社


 口丹波の神社を訪ねる時、社名や所在地を知るために最も参考にさせていただいているのは、京都府神社庁の所属神社の一覧です。しかし時々、一覧には記載されていないお社を、偶然見つけることがあります。
 それらのお社は、いつ、誰が、どのような信仰心で祀ったのかは不明で、中には名前すらわからないお社も多くあります。それを1社毎に調べようとは思いませんが、どうしてこの場所に神社が建てられ、祀られているのかを想像してみるようにはしています。


持越峠の稲荷社

右京区京北下宇津浮ヶ谷の稲荷神社


 南丹市日吉町に繋がる持越峠の浮ヶ谷橋近くに、小さな石仏と並んで祀られていました。山仕事の安全と、峠越えの旅人の安全を祈願して祀られているのかも知れません。


大国主命社

右京区京北細野町矢ノ原の大国主命社


 お社には小さな鳥居まで建てられています。ご神体の自然石に大国主命と刻まれています。


片波の神社

右京区京北片波町の神社


 片波町の旧村社、八幡神社近くの道路脇に祀られていました。社名等は不明です。京北片波町は過疎化が進む集落ですが、社はまだ古びた感じではないので、今も誰かの信仰の対象になっているのでしょう。


荒神神社

船井郡京丹波町中山上ノの荒神神社


 圃場整備された水田のそばに祀られている荒神神社は、小社と呼ぶには相応しくない神社です。立派な鳥居が建ち、社域には多くの木が生い茂って森を形成しています。


荒神神社

荒神神社


 荒神神社の近くには安栖里の金刀比羅神社があります。金刀比羅神社の祭神は大物主命という大国主命の和魂といわれる神様です。その神社の近くに荒神(荒魂)を祀る神社があるのは興味深いところです。


大谷山の神社

亀岡市東本梅町大内大谷山の神社


 こちらの神社の社名は不明です。大谷山の東の麓に鳥居が建ち、山腹に向かって石段がのびています。鳥居の手前には害獣防止柵があるので、ロープを解いて柵を開け石段を上って行きました。
 石段の先には巨大な岩の壁があり、その壁に守られるように小さな社が祀られていました。


大谷山の神社
大谷山の神社

大谷山の神社

大谷山の神社


 社の前に立つのに木の根の上を歩いて行きましたが、足元は大変不安定な所です。こちらの神様は山の神だろうか? 愛宕さんだろうか? などと考えながら参拝して写真を撮りました。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 ここで紹介したような神社は、探せば口丹波だけでも相当な数があると思います。それらすべてをこのブログに掲載していく考えは持っていませんが、すべての神社にはそれぞれのいわれがあり、国家の安泰、家内の安全祈願、交通安全、無病息災、或いは雨乞いなど、集落のような集団、または一族あるいは個人の切なる願いを込めて建てられているものだと考えます。神社がふと目に止まった時などは、できるだけ立ち寄って参拝するようにしています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク