走田神社

このページでは亀岡市の走田神社を紹介しています。


 延喜式神名帳にも記載されている亀岡市有数の古社、走田神社(はせだ)神社は、創建等の書かれた古文書は残っていませんが、和同四年(711年)に創祀されたと伝わります。
 昨年(2011年)は神社創建1300年の節目の年で、「1300年事業」が進められてきました。そして昨年末に広い駐車場整備が完了しました。

 走田神社は管理人がホームページ「口丹波の社」を作ろうを思いついた時に、まず最初に訪ねた神社ですが、最近は足が遠のいていました。そこで「1300年事業」が完了した神社を久しぶりに訪ねてみることにしました。


走田神社

神社正面(2009年9月)


 以前は駐車場が無く、この場所に車を止めていました。


走田神社

完成した駐車場(2012年2月)


 水田だった所を造成して、1500平方メートルの駐車場ができていました。また駐車場には参拝客用のトイレも造られています。


走田神社

参道(2012年2月)


 石燈籠約20基は基礎から工事をやり直し、境内社の基礎も補強されたということです。


走田神社

参道(2012年2月)


走田神社

参道の途中にある稲荷神社(2012年2月)


走田神社

稲荷神社(2012年2月)


走田神社

本殿近くの石燈籠(2012年2月)


走田神社

境内社の弁財天社(2012年2月)


 こちらの弁財天社は玉依姫命を祭神としています。
 弁財天社の周りは小さな池になっていて、池は垂乳味池という名で、そこに湧き出る水は亀岡市の名水の一つです。この垂乳味池も改修されて美しくなっていました。


走田神社

境内  神門の先が本殿(2012年2月)


 本殿は元禄十五年(1702年)に、現在とほぼ同じ規模のものが建築され、盛大な正遷宮の祭典が営まれた記録が残っています。


走田神社

本殿(2012年2月)


走田神社

本殿(2012年2月)


走田神社

本殿彫刻(2012年2月)


 躍動感に溢れる木鼻にセミの抜け殻を見て、「動中静あり」の言葉を思い浮かべました。


走田神社
本殿彫刻(2012年2月)

走田神社

境内(2012年2月)   サルスベリの老木に惹かれます

クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


走田神社
 住所: 亀岡市余部町走田1
 御祭神は彦火火出見(ひこほほでみ)尊、豊玉姫(とよたまひめ)尊、彦波瀲武鵜草葺不合(ひこなぎさたけうがやふきあえず)尊の三柱。
 時代劇のロケ地としてもよく利用される走田神社は、いつ訪ねても美しく清掃されていて、大変気持ちの良い空間です。基礎工事からされたという石燈籠などには、真新しいコンクリートの跡もなく、以前の雰囲気がそのまま残っていたことを嬉しく思いました。

 ホームページ口丹波の社の走田神社のページはコチラ


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク