太歳神社

このページでは大阪府豊能町の太歳神社を紹介しています。


 大阪府豊能町の面積の殆どは旧摂津国に属していましたが、牧地区は同町寺田地区と共に、昭和33年に亀岡市から編入された地域です。従って両地域は旧丹波国(桑田郡)に属していました。

 その牧地区で祀られているのが太歳神社です。


太歳神社

太歳神社  社頭


 訪ねたのは2011年9月中旬です。この参道は余り利用されていないのか、草が伸び放題といった感じでした。


太歳神社

参道に聳える2本の大スギ


 一の鳥居を潜った所にある威風堂々たる2本の大スギには、根元部分にこの木の案内板が置かれていましたが、残念ながら文字が消えていて読めませんでした。


太歳神社

境内までのびる緩い上りの参道


 右側は自然林で左側が人工林という参道です。


太歳神社

境内


 参道を登り切った所が境内です。山腹の神社なのに、まるで遊園地のような、その広さに驚かされます。


太歳神社

二の鳥居


 明治42年に寄進されたと思われるこの鳥居には、黒田家一統と刻まれていました。


太歳神社

境内の中央に建つ拝殿


太歳神社

本殿


 本殿の前にも石鳥居がありました。


太歳神社

どっしりとした大きな三間社の本殿は彫刻も美しい


太歳神社
本殿と境内社

太歳神社

境内  山中にポッカリと空いた広くて気持ちの良い空間です


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



太歳神社
 住所: 大阪府豊能郡豊能町牧
 国道423号線から一の鳥居が見えます。駐車場は無く、鳥居の前の道は大変狭いので、少し離れて駐車スペースを探す必要があります。地図を見ると境内まで行ける道もあるように思えますが、確認していません。
 御祭神は素戔鳴(すさのお)命、大己貴(おおなむち)命、奇稲田(くしなだ)姫命の三柱。
 創建等の由緒は不明ですが、鎌倉時代の永仁四年(1296年)の棟札が確認されています。(棟札は逸失し今はありません)故に、その時代よりももっと古くから祀られていた神社であったと考えられています。
 社殿は天正十年(1582年)と元和元年(1615年)に再建されています。
 境内社は稲荷神社等。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク