2012年 かやぶきの里雪灯廊

このページでは美山かやぶきの里雪灯廊を紹介しています。


 南丹市の美山町北地区にある、国指定重要伝統的建造物群保存地区に選定されているかやぶきの里で、1月28日から2月4日までの約1週間、「美山かやぶきの里雪灯廊(とうろう) 」が開催されています。 今年で第8回目となるこの催しには、連日多くの観光客が見学に訪れます。

 時折風花が舞う程度で、積もった雪などは見られない南丹市園部町から、同市日吉町を通り、神楽坂トンネルを抜けて雪灯廊見学にへ行ってきました。
 現地に近付くにつれ山や田畑に積もった雪の嵩は厚くなり、到着すると大きな牡丹雪が降っていました。同じ市内でこれほど気候に差のあるところも珍しいと思います。

 到着時間は夕方の5時を少し回っていて、灯ろうには火が点されて、雪灯廊は始まっていました。


雪灯廊2012

集落の前の田んぼの畦にも灯ろうは並べられています


雪灯廊2012

集落の入口で出迎えてくれたウサギの灯ろう


雪灯廊2012

灯ろうは雪を詰め込んだバケツをひっくり返して作られています


雪灯廊2012

かやぶきの里で有名な赤ポスト  隣の雪だるまも実は灯ろう


 灯ろうの火はろうそくで、主催者が点火して回られたそうです。
 集落内に入った時にはまだ明るかった周囲も、見学をして回っているうちにどんどんと暗くなってきて、雪に反射する灯ろうの明かりは、とても温かなものに感じられてきました。


雪灯廊2012

道に並ぶ灯ろう


雪灯廊2012

こちらはあんどんタイプ


雪灯廊2012

氷点下の寒さを感じさせない温かな灯ろうの光


雪灯廊2012

暗くなって、降る雪の量が増えてきました


 この後、夜の間にまた何センチか積雪の嵩が増えそうです。

 かやぶきの里では、雪灯廊だけでなく、何軒かのお宅の屋根がライトアップされていて、幻想的な風景が夜の闇に浮かびます。


雪灯廊2012
ライトアップされたかやぶき屋根

雪灯廊2012

かやぶきの里雪灯廊


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



かやぶきの里
 住所: 南丹市美山町北
 駐車場はありますが、冬用タイヤが必要です。冬用タイヤでない場合はチェーンなどの用意が必要です。
 会期は2月4日までで、時間は夕方5時から夜8時まで。キノコ汁やボタン汁、おでんなどの屋台は午後2時頃から出ているそうです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク