イボ水宮(イボ水さん)

このページでは京丹波町のイボ水宮を紹介しています。


 JR和知駅から北へ400㍍ほど行った所に、阿上三所神社という立派な神社があります。その神社の石段下そばに、イボ水さんと呼ばれる、阿上三所神社とは無関係と思われる小さな神社がありました。


イボ水さん

イボ水宮(イボ水さん)


 昔からイボ水さんの神水を持ち帰り、毎日その神水をイボ(疣)につけると、すぐにイボがとれると言われ、地元の人だけでなく、遠く他府県からも多くの人が、神水を求めて訪ねて来られるということです。

 案内板にはこう書かれています。
 「このイボ水宮はイボに効くことから『イボ水さん』と呼ばれ親しまれている。このイボ水さんの根拠は定かでない。ただ昔からここの水をイボにつけると、そのイボがなくなるといわれ、そのイボがなくなれば、お礼として柄杓を奉納することとなっている。今でも多くのヒシャクが納められており、その効き目は確かなところ。また、この水がラジューム泉を含んでいることが、その効き目かもしれない。どんな薬を使っても治らなかったイボが、この神水で治ったという東京の人、地元の人々だけでなく、遠くからありがたい神水をいただきに来られる人は、あとをたたない。」


イボ水さん
イボが完治し、お礼に奉納された柄杓

 もともとは江戸時代の「信仰治療」だったと思え、「どうせ迷信だ」と片づけてしまいがちですが、本当に効果があるのでしょうか?

 2009年10月、京都新聞にイボ水さんの記事が掲載されました。
 イボ水さんの神水は、毎年1回、すべて汲みだされ、底に敷き詰められた丸い石を取り出して、掃除が行われるそうです。その時、取り除いた石があった場所から、なにやら白い水が湧き出たのだそうです。
 記事にも書かれていましたが、「この白水が神水の効果と関係があるのか、気になるところ」です。


イボ水さん

ここから柄杓で神水を汲みます


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



イボ水宮
 住所: 船井郡京丹波町本庄堂ノ坂
 御祭神は不明。
 創建等の由緒は不明。
 昔、イボに悩む若い女性が、神のお告げを聞いてこの神水でご利益を得たとの言い伝えがあるようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク