2012年 初寅さん

このページでは亀岡市の神応寺の初寅さんを紹介しています。


 1年の最初の寅の日、丹波七福神毘沙門天を祀る亀岡市の神応寺では、毎年初寅の祈祷が行われます。市内に住む人たちから初寅さんと呼ばれ、古くから親しまれているそうです。
 今年最初の寅の日の1月6日、神応寺は早朝から檀信徒らで賑わいました。


神応寺の毘沙門天像

山門前の毘沙門天像


 神応寺の境内には毘沙門堂があり、この辺りの地区名は毘沙門と付けられています。

 初寅さんは、かつては寅の刻(午前3時~同5時頃)に行われていたそうですが、今は午前6時頃から行われています。
 管理人は8時前頃に、もう終わっているかも知れないと思いながら立ち寄らせていただいたのですが、境内には多くの人がおられ、堂内からは住職による祈祷の声が響いていました。


初寅さん

毘沙門堂


 毘沙門堂をお参りすると、そこに待機されている「毘沙門天奉賛会」の方から、梅昆布茶と福引券を頂きました。福引券は本堂で商品と交換していただきましたが、どうやら空クジなしのようで、管理人は乾電池式灯油ポンプ(自動停止型)を引き当て、朝から幸運でした。


初寅さん
霧が深く寒い朝でも、境内は参拝客らで賑やかです

 8時を過ぎても、家内安全や福徳を祈願しに次々と参拝客が訪れ、庫裏の方では昆布茶、境内の中央では焼き餅の接待があり賑やかでした。
 管理人は後で知ったのですが、この日はそわかせんべいという煎餅も配られていたようです。この煎餅には「おんにこにこ腹立てまいぞそわかせんべい」と書かれていて、これが有名なのだそうで、いただき損ねたことを後悔しています。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



神応寺(毘沙門堂)
 住所: 亀岡市千歳町毘沙門
 駐車場有り。
 神応寺では早くもロウバイが咲き始めていました。

 神応寺の公式サイトはコチラ

 当ブログ内 丹波七福神インデックスのページはコチラ


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク