10月に出会った花

このページでは2011年10月に管理人が出会った草花などを掲載しています。


 10月も終わりに近づくと、山野ではめっきりと花の姿が減っていき、平野部ではセイタカアワダチソウやノギクが、また山地ではアキノキリンソウのようなどれもキク科の植物が目立ちます。特にノギクは山地でも見られ、今一番多く咲いている植物でしょう。


ヨメナ?

ノギク(ヨメナ?)


 口丹波では少し山に踏み入ると、ちょっと変わった植物に出会えることがあります。しかし悲しいかな、その場では殆どの植物の名前がわかりません。
 写真を撮って、家に帰ってから調べても判らないものも多々あります。例えば以下の花たちです。


不明なアザミ

アザミの仲間だと思います


不明なアザミ

上の写真の植物の葉


 葉はキクアザミのようですが、ネットなどで見られる花の姿や、自生地の環境などに違和感があり同定できません。またキクアザミは京都府のRDBでは絶滅危惧種(近畿RDBでは絶滅危惧種A)とされ、北部地域に自生地があるそうなので、口丹波に自生する上の写真の植物はキクアザミではないように思えます。


不明な花

名前が不明な花


 タデ科植物だとは思います。葉はミゾソバによく似ていますが、花の感じが違います。草丈は70㌢ほどでした。


不明な花

こちらも名前が不明な花


 よく見かける花のようにも思えますが、わかりませんでした。


スギヒラタケ?
スギヒラタケでしょうか?  植物ではありませんが花のように美しかった

 一見美味しそうに見えたのですが、スギヒラタケなら毒キノコに分類されています。

 植物の名前を調べるのは本当に難しいです。
 でもわからなかったものの名前が判明した時は、ちょっと嬉しいもので、そういう植物ほどいつまでも記憶に残ります。

 最後に、今一番気になるキクアザミに似た植物をもう1枚アップしておきます。


不明なアザミ

草丈は50㌢ほどで、近くに30㌢ほどのものもありました

クリックで救える命がある。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク