腰痛

 10月19日から腰痛で臥しています。今日は少し楽になったのでこうしてPCに向かってブログが書けるようになりました。でも長い時間は無理。この後はまた横になる予定です。

 10月は口丹波各地でお祭りがあり、見学を予定していた所が多かったのですが、結局行けたのは8日の道相神社、9日の知井八幡宮、10日の質美八幡宮のみで、15日の酒治志神社の神幸祭は時間を間違えてしまって、着いた時に神輿行列は御旅所近くまで来ていました。

 そして何より残念なのは、一番楽しみにしていた20日夜に行われた保津の火まつりに行けなかったことです。この日は腰痛のピークでした。

 腰痛は過去に1度患って今回が2度目ですが、老化と共に症状は悪化するようで今回のは強烈でした。やはり普段から適度な運動で、それなりに身体を鍛える習慣が必要だということが身に沁みます。

 腰痛が起きた原因を考えてみました。

 発症する前に丹後まで車で走りました。管理人にとっては久しぶりの遠出です。行く先は宮津市の金剛心院。9日から20日まで一般公開されていた秘仏の重文・愛染明王坐像の見学が目的でした。これまで100年毎に公開されてきた秘宝で、今年は奉安七百年の御開帳の年に当たっていました。撮影禁止だったので写真はありませんが、非常に保存状態がよく、昭和2年に起きた北丹後地震(M7.3)の時に光背についた一条の傷以外は損傷個所も見当たらず、製作当時(鎌倉時代)の色彩も残り、大変美しいお姿をされていました。

 心ゆくまで仏様を眺め、境内を散策したあと、時間もあったので近くの成相寺(西国三十三カ所第28番札所)に立ち寄り、巡礼の団体に混じってお参りをしてから、展望所まで登って股のぞきをしてみることにしました。
 寺の駐車場立てられていた看板に、展望所へは大型バスも通行可能と書いてあったので、気楽な調子で山を登り始めると、いきなり未舗装の道となり、しかも雨水で削られボコボコで、おまけに尖った石が路面に顔を出し、大きな石はあちこちにゴロゴロころがっている状態です。一緒に参拝をしていた団体客を乗せたバスが登ってこなかった理由がすぐにわかりました。途中何台かの乗用車とすれ違いましたが、果たしてすべてが頂上まで行ってきた車かどうかわかりません。管理人も引き返した方がいいかもと、何度も思ったほどです。この日はいつもの軽自動車ではなく重量約2トンの普通車だったので、タイヤがバーストするんじゃないかとヒヤヒヤで、行きも帰りも緊張の連続でした。長い説明になってしまいましたが、この時、足腰に異常に力が入ったのが腰痛の引き金だったのではないか? そんな気がしています。

 もうしばらく安静の状態が必要で、ブログの更新頻度も今までのようにはいかないと思います。寝ながら次に訪ねる所を考えます。

 このページの最後に、苦労して辿り着いた「日本一 成相山パノラマ展望所」から見た天橋立の写真を掲載しておきます。


天橋立

天橋立 展望所からの眺め(2011年10月) ちょっと靄がかかっていたのが残念です


天橋立

天橋立 股のぞき(2011年10月)


クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク