八幡宮社と光照寺

このページでは右京区京北宇野の八幡宮社と光照寺を紹介しています。



 京北宇野町は旧周山村に属し、西は現在の南丹市日吉町と接する四方を山に囲まれた小さな集落です。たまたま矢代中から日吉に抜けようと、府道364号線の持越峠に向かって車を走らせている時にこの集落を初めて通過しました。

 集落に入ってすぐ、道路右手に小さな社があったのでちょっと立ち寄ってみれば、自然石で造られた灯籠の両脇に、秋葉大権現と書かれた石柱と庚申と書かれた石柱が建っていました。


宇野八幡宮社

秋葉大権現


 秋葉大権現の隣には覆屋に守られたまだ新しい稲荷社が鎮座されていました。


宇野八幡宮社

稲荷神社


 この2社が宇野の神様なのかなと思って参拝を済ませ、辺りを見回すと神社の前にはお寺があって、お寺の右奥には八幡宮社の扁額が掛けられた鳥居があり、その先にお社らしき建物が。どうやらこちらが本社で、秋葉大権現と稲荷神社は境内社のようでした。


宇野八幡宮社

八幡宮社 正面


 この時まで宇野地区に神社があることをまったく知りませんでした。八幡宮社の左前には太く大きなスギの木が聳えています。ご神木のようです。


宇野八幡宮社
八幡宮社の本殿覆屋

 背後は深い森が広がるものの、南向きに建つ神社には光がよく当たりとても明るい境内です。また鳥居のそばには大きな宮池がありました。

 隣のお寺はかつて八幡宮社の神宮寺であったのかも、などと考えながら境内に入ると、薬師如来と書かれた石燈籠はあるものの、寺名が書かれたものが見当たらず、また普段は無住の寺のようでそれを尋ねる人もいませんでした。
 特に古い建物でもなく、人を魅了するような庭園があるわけでもないお寺ですが、名前が判らないのが気になっって、八幡宮社と併せて調べてみると光照寺という名前であることがわかりました。


宇野光照寺

光照寺


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


八幡宮社
 住所: 右京区京北宇野町ササラ
 創建等の由緒は不明。
 御祭神は応神天皇。
 旧社格は村社。

瑠璃山 光照寺(曹洞宗)
 創建等は不明。中世の創建と伝わり、享禄二年(1529年)銘の鰐口を蔵します。
 ご本尊は薬師如来。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク