龍興寺(りょうこうじ)

このページでは南丹市の龍興寺を紹介しています。


 南丹市の龍興寺は龍安寺(京都市)、龍潭寺(亀岡市)と共に、臨済宗妙心寺派の三龍寺と称される名刹です。

 龍興寺は享徳元年(1452年)に足利管領細川勝元の香華寺として建立されました。

 天正年間には子院9ヶ寺(栖碧、岷玉、雲所、堆雲、東雲、松林、智息、利生、編蒲)等を有し、風光自然の別天地と称えられていたそうです。
 しかし天正七年(1579年)にキリシタン大名の内藤ジョアンの居城である八木城が落城する際に、方丈、庫裏、禅堂、浴室、総門から山内の9ヶ寺を悉く焼失してしまいました。

 天正十一年(1583年)になって方丈と庫裏が再建され、元和五年(1619年)に園部藩主の小出氏が寺参し、これより準菩提寺としての待遇を受けるようになりました。


龍興寺

龍興寺 山門


龍興寺

市指定文化財の鐘楼


 鐘楼は切妻造桟瓦葺で、方丈が再建された天明六年(1786年)頃に建造されたと考えられています。
 また戦時中に供出された梵鐘には延享四年(1747年)の銘があったと伝わります。


龍興寺

方丈(本堂)


龍興寺
庭園
-PR-
妙心寺

 龍興寺は梅の名所としても有名で、当ブログでも今年の春に紹介しています。


龍興寺

龍興寺の梅園


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


米山 龍興寺
 住所: 南丹市八木町八木西山6-1
 駐車場有り。
 ご本尊は釈迦牟尼仏。
 天明六年に再建された方丈と庫裏が現在の本堂です。
  龍興寺の東隣には同じ妙心寺派の東雲寺がありますが、東雲寺は龍興寺の元子院(東雲庵)で、龍興寺から独立して元和八年(1622年)に創建されました。

 当ブログ内 龍興寺は梅のページはコチラ


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク