大神宮社

このページでは大阪府高槻市中畑の大神宮社を紹介しています。


 現在の大阪府高槻市中畑地区は旧南桑田郡樫田村に属していた1村です。南桑田郡内の各村が亀岡市と合併していく中で、樫田村は高槻市との合併を望み昭和33年に高槻市に編入されました。樫田村が亀岡ではなく高槻を希望した理由は色々あったようですが、交通手段が発達していなかった当時、重い荷物(産物)を売りに町まで出るのに、高槻側の方が下り坂なので楽だったというのが1番の理由だと、以前誰かから聞いた記憶があります。

 同じような理由で旧西別院村の1部の地域が、やはり昭和33年に現在の大阪府豊能町に編入されていますが、これらの地域は摂津国との国境に近い丹波国に属していました。

 そしてここで紹介する大神宮社はそんな中畑地区の氏神様です。


大神宮社

大神宮社 参道口


大神宮社

浅い谷の山裾に沿ってつけられた参道


 舗装されていて大変歩きやすい参道です。途中に二の鳥居が建っています。


大神宮社

二の鳥居から見える神社は木々に覆われて鬱蒼としています


大神宮社

大スギの奥に建つ本殿


大神宮社

大神宮社 本殿


大神宮社

境内  手水舎の奥は宮池


大神宮社
境内末社

大神宮社

参道で咲いていたツルリンドウの花


大神宮社

同じく参道で見つけたアクシバの熟した果実(食べられます)


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ


大神宮社
 住所: 高槻市中畑宮前1
 御祭神は豊受姫命。
 創建等の由緒は不明。 旧社格は村社。
 参道口にあった案内板を読むと、元禄十一年(1698年)に本殿等を造営し(南桑田郡誌では遷座と記載)、宝暦四年(1754年)に社殿を修築したとありました。
 境内社は日吉神社や厳島神社など。また境内では高槻市の古木百選に選ばれたアカガシやスギが見られます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク