薬師寺

このページでは右京区京北細野町の薬師寺を紹介しています。


 北桑田郡誌によれば、寺伝では暦応年間(1338-1341年)光厳天皇の紀伊より伏見に帰り、更に丹波に巡錫(じゅんしゃく)したまうに及び、本寺を中興して山号を岸池山とつけられた。また後円融天皇の永和年間(1375-1379年)に至り、七間四面の堂宇を建立して復興し、後の天正七年(1579年)に明智光秀の周山城築城の際に本寺を破却して材を得んとせしも霊異に遭って果たさず……とあり、続いて、しかしこれは本寺に蔵する岸池山薬師寺縁起絵巻(元禄十二年作)によっての説で、確証にはならないとも付け加えられています。

 光厳天皇は薬師寺をはじめ当地に六庵三寺(蔵春庵・大源庵・金粟庵・耕雲庵・宝泉庵・福田庵・薬師寺・阿弥陀寺・峯寺)を建立されたそうで、中でも薬師寺は蔵春庵を含む大寺であったそうです。しかしそれらは概ね廃滅してしまい、薬師寺も近世中期に廃絶し、その旧地に蔵春庵が再建され近年再び薬師寺と改名されたのだそうです。


薬師寺(京北細野)

薬師寺 山門


薬師寺(京北細野)

本堂


薬師寺(京北細野)

境内


薬師寺(京北細野)

境内の宝篋印塔(ほうきょういんとう)


薬師寺(京北細野)
金粟庵のご詠歌
-PR-
妙心寺

 桑田郡巡礼第三十一番とあります。薬師寺は北桑三十三霊場の第三十二番目ですが、北桑田郡と南桑田郡に分割される以前には桑田郡三十三霊場なるものがあったのかも知れません。ちなみに北桑三十三霊場の第三十一番目は周山町の了谷寺とされています。


薬師寺(京北細野)

永和元年と刻まれた梵鐘は京都市指定文化財(美術工芸品)


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



岸池山 薬師寺(臨済宗南禅寺派)
 住所: 京都市右京区京北細野町上之町33
 駐車場はありません。(同じ京北細野町に上ノ町という住所があるので少し紛らわしいです)
 ご本尊は薬師如来。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク