八坂神社

このページでは通称宕陰と呼ばれる嵯峨越畑地区にある八坂神社を紹介しています。


 嵯峨越畑地区は南に位置する樒原地区とあわせて通称宕陰(とういん)と呼ばれます。今年1月にNHK関西ローカルで宕陰の棚田の特集番組があり、一躍有名にもなりました。
 管理人は昨年当ブログにたまたま宕陰の鎧田と呼ばれる棚田の記事を書いていて、番組が放送される日の前後に急にアクセスが増え、それまでのアクセスが1日50件足らず(ユニーク数)だったのが、放送当日には400件弱(同)、トータルページビューに至っては600件弱という、異常な数字が出て驚きました。また同時にテレビの力とは凄いものだと感心したものです。

 宕陰の記事は現在も1日に1、2件のアクセスをいただいています。


越畑の棚田2011秋

収穫時期を迎えた棚田(2011年9月中旬)


 嵯峨越畑地区と樒原地区は同じ宕陰ですが、歴史は少し違っています。
 まず樒原(旧原村)は樒が多く自生していたので樒原と呼ばれるようになりましたが、中世の原村は丹波国桑田郡に属し、愛宕山福寿院の寺領だったそうです。近世は山城国葛野(かどの)郡に属しました。
 一方旧越畑村は往古は腰畑邑といい、天応元年(781年)に愛宕山白雲寺領となったと伝わります。

 余談はさておきそろそろ本題に入ろうと思いますが、このページで紹介するのは越畑地区にある八坂神社です。

 八坂神社の社伝によれば、創建は弘安元年(1278年)で、藤原頼経の末臣 福田護光が文永八年(1271年)に当地に土着し、京都八坂の祇園社から牛頭天王を勧請したことに始まります。
 元徳二年(1330年)には祇園社参会者を村の開闢(かいびゃく)住人46人と定め、その46人が毎年の祭礼を執り行うことにしたといいます。
 その後三社が建立され合祀されて四所権現とも呼ばれたそうです。
 『村由来記』には「祇園末社四所権現永正十六(1519年)福田左衛門、蛭子宮弘安元(1278年)護光立、妙見宮天文九(1540年)斉藤采女立、八王子宮弘安五(1282年)横谷佐源立」と記されています。


八坂神社

八坂神社   一の鳥居


八坂神社

美しく掃除されている参道


八坂神社

二の鳥居越しに見る境内


八坂神社

本殿


八坂神社

一間社の本殿    覆屋の壁には絵馬が掛けられています


八坂神社
本殿同様の一間社の摂社(社名は不明)

 境内にはこの摂社の他に末社が4社祀られていますが、いずれも社名祭神はわかりませんでした。


八坂神社

不明な末社の1社   お社の下に石仏が安置されています


八坂神社

ご神木    根元に七福神と狐の土偶が置かれていました


八坂神社

来た方向とは逆から見た境内

クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


八坂神社
 住所: 京都市右京区嵯峨越畑天慶
 駐車場はありません。
 御祭神は素戔鳴(すさのお)尊。
 明治の神仏分離により祇園社から八坂神社に社名を変更しています。
 府道50号線を水尾・京都方面を向くと右側に棚田が広がり、左側に宕陰中学校があります。宕陰中学校のすぐ南の道路を左折して50㍍ほどで参道の石段が見えます。ただ道路が狭いのでここには駐車できません。
 八坂神社の祭礼は46人の後裔たちが禰宜(ねぎ)株による宮座を組織して続けてこられたそうです。 (このページの記事の参考文献は「日本歴史地名大系27 京都市の地名」です)


 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク