正法寺とカヤの木

このページでは右京区京北の正法寺と境内のカヤの木および妙見宮を紹介しています。


 右京区京北の中心地である周山町の近く、五本松町にある正法寺は日蓮宗の寺院です。その境内には、京都市指定文化財(天然記念物)の大きなカヤの木があり、ちょうど今果実をたわわに実らせています。
 京都市のホームページによると、カヤの木は胸高幹周4.3㍍、樹高約21㍍の古木で、正法寺が創建された明応四年(1494年)当時のものと言われているそうで、そうすると樹齢は500年以上ということになります。この老木の樹勢は今なお盛んで、その根張りは石垣を若干変形させているのだそうです。


正法寺

正法寺 山門


正法寺

正法寺 本堂


正法寺のカヤの木

駐車場から塀越しにみたカヤの木


正法寺のカヤの木

カヤの実   既にはじけているものもありました


正法寺のカヤの木

カヤの木の根元  大きな空洞ができて腐りが見られます


 穴の大きさはタヌキやアライグマが暮らせるほどの広さ奥行きがあります。樹勢盛んといっても老木です。早めの手当てが必要だと思います。


正法寺のカヤの木

カヤの木   太い枝を四方に広げています


正法寺
正法寺 境内  手前のモミジが秋に色づくと華やかになりそうです

 正法寺北側の山の中腹には、妙見宮が祀られていました。日蓮聖人は妙見菩薩を崇拝していたそうで、そのため日蓮宗の寺院では妙見菩薩を祀るところがあるのだそうです。神仏分離で妙見菩薩は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)となっていますが、正法寺も寺の守護として妙見宮を祀っているのだと思われます。


妙見宮

妙見宮 鳥居   右側下の屋根が正法寺


妙見宮

妙見宮 拝殿?


妙見宮

拝殿?と本殿覆屋は廊下で繋がっています


妙見宮

妙見宮 本殿


正法寺のカヤの木

妙見宮参道から見たカヤの木


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


正法寺(一致派妙覚寺末)
 住所: 京都市右京区京北五本松町垣内82
 北桑田郡誌では明応七年に日亨上人の開基とあります。
 妙見宮の境内には末社の稲荷神社もありました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク