丹波 足利尊氏の足跡(2) 普済寺

クリックで救える命がある。

 普済寺は京都府南丹市にある山号を大慈山と称する曹洞宗の禅寺です。自動車で行けば本堂横の庫裏(くり)の前が駐車場で、車を降りるとすぐに本堂の前に出られますが、一度東側の石柱門に回り、そこから苔むした参道を歩いて鐘楼門をくぐって本堂を眺めると、この寺院の重厚感は一層増してきます。向かって左には茅葺の禅堂が建ち、境内の落ち着いた景観の中でひと際惹きたったものとなっています。
 普済寺には本堂裏手から階段を下り、参道を横切る舗装道路を越えたところに仏殿観音堂があります。南北朝時代(1336-1392)に建てられたと考えられるこの禅宗様建築の仏殿は、国の重要文化財(建造物)に指定されています。
 普済寺については平安時代に建てられた天台宗寺院とも、足利尊氏夢窓疎石開山とし、尊氏の妹で、夢窓疎石の弟子だった千種姫(仏性院)を開基とした臨済宗寺院だったとも伝わっていますが、一般的には後者の説が広く信じられているようです。普済寺には千種姫の墓とされる石塔が現存しています。また寺所蔵の木造千種姫像市指定文化財(美術工芸品)に指定されています。
 普済寺が曹洞宗に改宗したのは江戸時代で、時の亀山城主菅沼織部正定芳(すがぬまおりべのじょうさだよし)が荒廃していた当寺を復興させた時とされます。


普済寺普済寺
 石柱門 (普済とは広く救済する意) 鐘楼門


普済寺

普済寺本堂 ご本尊は聖観音菩薩像


普済寺普済寺
 禅堂 仏殿近くにある紅葉の老木

普済寺

仏殿観音堂 十一面観音像、(右脇侍)千種姫像、 (左脇侍)地蔵菩薩像が安置されています。


普済寺仏殿
 仏殿の屋根は昭和7年に解体修理されるまでは茅葺でした。しかし解体時に創建当時は檜皮葺瓦棟であったことが判明し、創建時の姿に戻っています。大きく反り上がる軒に中央が盛り上がる火灯(花頭)形の窓や、波状の連子(れんじ)が入る弓欄間など、典型的な禅宗様仏殿として貴重な建物です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


大慈山 普済寺(曹洞宗)
 住所:京都府南丹市園部町若森庄気谷76 
 上記以外に当寺所蔵の鰐口府指定重要文化財(美術工芸品)になっています。

 

PR
     
 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク