八坂神社と白峰寺

このページでは南丹市美山町福居の八坂神社と白峰寺を紹介しています。


 美山町福居地区は福井県嶺南(旧若狭国)と接する山間部で、京都府下屈指の豪雪地帯です。

 国道162号線を福井県に向かい、美山町盛郷で脇道に左折し、道なりに谷の最深部近くまで進み、熊壁のバス停のところを右折して集落に入ると「八坂神社参道 右、白峰寺」という石柱標識がありました。参道を進むとスペースがあったのでそちらに駐車して、まず八坂神社へ向かうことにしました。


八坂神社

八坂神社 社頭  鳥居の右手のスペースが駐車場


 鳥居の先の参道は石段で、登り切ったところにお社があります。


八坂神社

石段の参道


 手摺りは設置されていますが、それほどキツイ登りではありません。てっぺんには2本の大スギが門番のように聳え、その先に本殿が見えます。


八坂神社

八坂神社本殿覆屋


八坂神社

八坂神社本殿


八坂神社

八坂神社本殿



八坂神社
 住所: 南丹市美山町福居
 創建は明和四年(1767年)四月。
 御祭神は素盞鳴(すさのお)尊、金刀比羅大神、軻遇突智(かぐつち)命、稲荷大神。
 祭神不明の末社が1社、本殿に向かって右側の大スギのそばにありました。
 「ふるさと鶴ヶ岡」によると、本社は元川合の豪農内牧長兵衛氏の私邸内にあったものを、買い受けて現在地に移したものと言われているそうです。
 境内はきれいに清掃が行き届いていました。




 八坂神社の参拝を済ませて、元来た参道を下り駐車場まで戻ると、その隣に白峰寺があります。

 平成の大合併と言われる市町村合併で、京北町は京都市右京区に吸収され、美山町は南丹市の1町となり、北桑田郡は消滅しました。旧北桑田郡には北桑西国三十三か所霊場というものがあって、白峰寺はその第五番霊場です。


白峰寺

白峰寺


白峰寺

白峰寺


白峰寺
白峰寺の歌碑
-PR-
西国三十三ヵ所

 寺伝によると、川勝丹波守の家臣壁瀬伊豆守が今宮城落城後仏門に帰依して養立山蓮華寺を建立し、その後竜沢開基白堂伝竜大和尚がこの地に来て、曹洞宗竜沢寺末とした。更に時代は下って幡竜山長福寺と称して、現在の寺号(幡竜山白峰寺)となったのは、寛文三年(1663年)の創建時である。
 境内には文禄六年(1693年)の石仏地蔵尊や享保六年(1710年)の三界万霊塔、法華一字一石塔などがある。(以上
「ふるさと鶴ヶ岡」参照)


白峰寺

石仏地蔵尊


白峰寺

白峰寺 境内


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


幡龍山 白峰寺(曹洞宗)
 住所は八坂神社参照。
 ご本尊は釈迦如来。
 創建は寛文三年(1663年)。 開山は僧喜門。
 一見、寺は無住のようでしたが、境内は檀家さんによって美しく清掃されていました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク