素戔鳴神社

このページでは亀岡市東別院町の素戔鳴神社を紹介しています。


 素戔鳴(すさのお)神社は社名の通り素戔鳴命を祭神として祀る神社ですが、神仏習合時代には祇園牛頭天王(ごずてんのう)社と呼ばれ牛頭天王を祀っていました。

 牛頭天王はインドの祇園精舎の守護神で、明治に入り神仏分離令後は素戔鳴命と同神とされました。よって全国にあった牛頭天王を祀る神社の祭神の多くが素戔鳴命に変更され、社名も八坂神社や素戔鳴神社に変わりました。素戔鳴神社という社名の神社は亀岡市内には当社の他に数社あります。

 今回訪ねた東別院町の素戔鳴神社は、亀岡市出身の偉人・石田梅岩生誕地の近くで、北摂地域と接する山間部に鎮座されています。


素戔鳴神社

素戔鳴神社社頭  石柱には「村社素戔鳴神社」と刻まれています


 山間の狭い谷間にも真夏の太陽が容赦なく照りつける昼間、鳥居の向こう側は別世界のような薄暗さです。境内に足を踏み入れて先ず驚くのは、樹齢数百年と思えるスギの巨木の多さです。


素戔鳴神社

鳥居を潜った所  巨木の先に拝殿が見えます


素戔鳴神社

手前・手水舎  奥・拝殿


素戔鳴神社

拝殿   本殿は奥に見える石段を登った先


素戔鳴神社
この石灯籠には宝暦十二年(1762年)と刻まれていました
-PR-
熊野を歩く

素戔鳴神社

本殿覆屋の周りにも巨木が聳えています


素戔鳴神社

本殿覆屋


 本殿に合わせて覆屋の屋根も流造でした。
 素戔鳴神社の本殿は山の斜面を利用して建っているので、本殿周りは狭く感じます。その狭い平地の片隅に末社が五社並んで祀られています。


素戔鳴神社

境内末社


 末社は向かって左から琴平神社、八幡宮社、大宮神社、春日神社、稲荷神社の順に並んでいます。


素戔鳴神社

本殿から見た境内

クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


素戔鳴神社
 住所: 亀岡市東別院町南掛中山43-1
 駐車スペース有り
 創建等の由緒は不明。 御祭神は素戔鳴命。
 亀岡市内でこれほど多くの巨木に守られた神社も珍しく、凛とした雰囲気に身を浸した思いでした。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク