エビネ

このページでは山野草のエビネを掲載しています。


 自生するエビネを見たのは初めてでした。口丹波の山間部を車で走っている時に、突然エビネの大きな葉が視界に飛び込んできました。エビネは園芸用に高い需要があり、盗掘によって全国で数が激減していると聞いていたので、思いもよらない出会いに驚きました。

 エビネは大雨が降ればすぐに土砂崩れが起きそうな道路沿いの山の斜面に自生していました。車を降りてみると、実際に上の方から落ちてきたものが運よく生き延びたのではないかと思える株が足元に数株見つかりました。斜面の上の方にはもう少したくさん見られましたが、この先ずり落ちないとも限らない脆弱な場所なので心配にもなりました。

 またこの時期のエビネは花期も終わり、花茎には果実をつけていてもおかしくないのですが、そのような花茎は1本も見つかりません。シカやサルなどの野生動物に食べられたのではないかと思います。毎年大事な種を動物に食べられているとすれば、エビネの繁殖はかなり制限されたものとなり、その上盗掘されれば、やはり絶滅を心配しなくてはなりません。


エビネ

初めて見た自生するエビネ  ここには大小10株以上ありました(2011年7月)


エビネ

足元で見つけたエビネ(2011年7月)


エビネ
同じく足元にあったエビネ(2011年7月)
-PR-
野生ランの
世界

 足元と言っても車道よりは50㌢ほど高い場所なので、踏みつけの心配はありません。しかしハイカーにはすぐに見つかってしまうような所です。


エビネ

山の斜面に生えるエビネ(2011年7月)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ


エビネ(ラン科エビネ属の多年草)
 全国に分布。 花期は4月下旬から5月中旬頃。
 今回は花の時期が終わっていましたが、来年の楽しみが一つ増えました。ただ来年までこの場所に残っていて欲しいと思うのと、残っていても花が咲く前に獣害や災害に遭わないようにと願っています。
 RDBを見ると環境省カテゴリーでは準絶滅危惧(NT)。京都府カテゴリーも準絶滅危惧種に指定されています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは驚きました。
口丹波で、しかも車道沿い、しかもこの数。ちょっと奇跡的ですね。
美山町や若狭などでは何箇所か見つけましたが、
それでも人の滅多に入り込まないようなところばかりです。
それがこんな風に見つかるとは。
驚きだけでなく、とても嬉しい気持ちになりました。
ただ、環境はあまり良く無さそうですね。
それとやはり盗掘が心配です。
来年にはぜひ開花株の写真を見せてください。
楽しみにしております。

Re: No title

私も「これは奇跡か?!」と最初は自分の目を疑いました。
しかし自宅で購入したり親戚からいただいたエビネを何株か育てて
いるので、葉を見ただけでそれがエビネだとわかります。
自生地でその葉に触れた時は実に嬉しかったです。
来年の開花が見られるように切に願ってやみません。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク