サルトリイバラ

このページではツル性植物のサルトリイバラを掲載しています。


 藪の中や背の高い草地などを歩くと、イバラのツルが足に絡みついて痛い思いをすることがあります。ましてそのイバラがサルトリイバラだった日にはちょっと焦ります。サルトリイバラの棘は大きくて頑丈で、衣服から取去ろうとする手を傷つけることがよくあるからです。

 口丹波で山道を歩けば、サルトリイバラはいたるところに生えています。棘さえ無ければ艶やかな葉も、淡く黄色い花も、赤く熟した果実も美しくて、もっと人から好かれるのにと残念です。
 ただ南丹市には山室だんごという伝統食があり、これは田植えの手伝いに来てくれた早乙女さんたちの、おやつやお土産にと、1970年代まで八木町山室地区で作られていました。山室だんごはヨモギ団子を、殺菌作用のあるサルトリイバラの葉2枚で包み、蒸して作られた団子なのだそうです。味は素朴な塩味だとか。


サルトリイバラ

サルトリイバラの花(2010年4月下旬  亀岡市)


 小さな花は葉腋に多数咲きます。地味ですが棘から想像する凶暴さは微塵も感じられません。


サルトリイバラ

サルトリイバラの果実(2011年6月中旬  南丹市)


サルトリイバラ
サルトリイバラの果実(2011年6月中旬  南丹市)
-PR-
森と里と海の
つながり

 花からは考えられないような大きな果実(液果)は、秋にく色づきます。


サルトリイバラ

サルトリイバラの色づいた果実(2010年10月中旬  南丹市)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ


サルトリイバラ(ユリ科シオデ属のツル性で常緑の半低木)
 全国に分布。花期は4~5月頃。
 草だとばかり思っていたら樹木に分類されていました。
 草地に自生するものは長く地を這い、日陰地のものは辺りの木によじ登って、たっぷりと日光が受けられるように葉を広げます。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク