ネジキ

このページでは山地に自生するネジキを掲載しています。


 かつてネジキは地元の山麓から山頂にかけて多く自生し、山へ行けばごく当たり前のように見られる樹木でした。ネジキは小高木の部類に入り樹高6㍍以上にもなるそうですが、人間の背丈ほどの木を多く見ていたような気がします。恐らくこれは松やスギ・ヒノキの邪魔にならないように、人間がネジキの幹や枝を切っていたためだと思えます。

 そんなネジキですが、最近はあまり見なくなりました。原因はわかりませんが、冬には多く見られたネジキ独特の赤い枝が、近年見られません。


ネジキ

ネジキの赤い枝(2011年2月下旬)  家ではこの枝を正月の生け花によく利用していました


ネジキ

ネジキの名前の由来は幹や枝がねじれているため


 口丹波でネジキはとてもポピュラーな雑木です。しかしネジキの花を見たのはごく最近のことでした。というよりは今まで気付かなかったという方が正確です。
 ネジキが開花時期を迎える頃、山では同色のウツギがあちこちで咲き誇ります。花を葉陰に隠してこっそりと咲くネジキは、無数の花を咲かせるにもかかわらずあまり目立ちません。


ネジキ
ネジキのツボミ(2010年6月上旬)
-PR-
四季の
ガーデン生活

ネジキ

ネジキの花(2011年6月中旬)


ネジキ

ネジキの花(2011年6月上旬)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ


ネジキ(ツツジ科ネジキ属の落葉小高木)
 本州、四国、九州に分布。花期は6月頃。
 拙宅もそうですが同じ山に自生するツツジ科のアセビは庭木としてよく利用されます。しかしネジキを利用されているお宅は近所にはありません。ポピュラー過ぎて利用されないのかも知れません。ただ山でこの木が減ってきていると実感している管理人としては少し気になる樹木です。
 またアセビとは近縁種だそうで、アセビと同じようなを持つ木なのだそうです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


sanmaiyamabn88x31


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク