大梅山 法常寺

クリックで救える命がある。

 先にご紹介した西山神社のある京都府亀岡市畑野町千ヶ畑には、臨済宗妙心寺派の名刹法常寺があります。
 法常寺は岩倉家出身の禅僧・一絲文守(いっしぶんしゅ)によって開山されました。来訪者の多い都での修行を嫌い、25歳の文守がこの地に庵を結んで8年後の1641年に、文守に深く帰依していた後水尾天皇(1596~1680)が文守のために建造した寺院です。後に一絲文守禅師は天皇より仏頂国師という国師号を賜りました。また禅師は法常寺の開山の祖というよりも、滋賀県東近江市の永源寺中興の祖として有名です。

 元々は谷であったところに土を盛って建てられたと伝わる本堂をはじめとする建築物や庭園は、山麓とはいえかなり急な坂の上にあります。参道の坂を登るとまず目に入るのは城壁のような石組で、次にその石組に設けてある急階段です。階段の上は勅使門で我々一般人は階段を登れません。少し迂回するような形で庫裏の方へ進むのですが、庫裏の手前、小さな石橋を渡ったところにあるコウヤマキの巨木に驚かされます。過去の落雷により幹が裂けて現在の形になったとのこと。このコウヤマキと勅使門脇のゴヨウマツは亀岡の名木に指定されているそうです。

 予約をして訪れたわけではありませんでしたので、本堂や庭園には入れませんでしたが、低い土塀越しに庭を見学させていただきました。谷を削った時に現れたという巨大な一枚岩をそのまま利用して設計された庭園は、見事としか言いようのないものでした。また法常寺は秋には紅葉の名所としても有名です。


法常寺

法常寺の参道 右上に勅使門が見えます。


法常寺

コウヤマキ


法常寺

御堂


法常寺

庭園 右端に見えるのが一枚岩。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


法常寺
 住所:亀岡市畑野町千ヶ畑藤垣内1  電話 0771-28-2243
 拝観は予約が必要で、有料とのことです。駐車場は有ります。次回はちゃんと予約をしてゆっくりと庭園を見せていただこうと思っています。
 寺所蔵の紙本墨書後水尾天皇宸翰(しんかん/天皇自筆の文書)一絲和尚山居詩並びに御次韻和歌は国指定重要文化財(美術工芸品)。一絲文守他歴代関係資料は府指定文化財(美術工芸品)。仏殿は市指定文化財(建造物)で、法常寺は文化財環境保全地区となっています。
 一絲文守(1608~1646)は僅か38年の生涯でしたが、10代の頃名僧沢庵禅師に師事して以来禅を追求し続け、法常寺のほか霊源寺を開山しました。霊源寺は岩倉具視が隠棲したお寺です。

PR
   
 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク