ニョイスミレ

このページでは山野草のニョイスミレを掲載しています




 漢字で書くと如意菫となります。僧侶が手に持つ仏具に如意というのがあって、それに似ているところからこの名前をもらったのだそうです。昔の人には左右に開いた花びらがつくる曲線が如意のように見えたのかも知れません。

 このニョイスミレは南丹市の山裾の田んぼの畦で咲いていました。普段紫色のスミレを見慣れている管理人には、白花のニョイスミレはとても美しく見えました。


ニョイスミレ

ニョイスミレ


ニョイスミレ
小さな固まりになって咲いていました
-PR-
山野草せっと

 ニョイスミレが咲いていたのは、昨年掲載したムラサキサギゴケが咲いていた場所と同じところです。二者ともほぼ同時期に開花し、田植え前の畦道を彩ります。


ニョイスミレ

ニョイスミレ


ニョイスミレ

こちらは別の場所(亀岡市)で咲いていたニョイスミレ


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ


ニョイスミレ(スミレ科スミレ属の多年草)
 別名はツボスミレ。本州、四国、九州の湿り気のある場所に自生します。花期は4~5月で、当ページのものは4月下旬に撮影しました。花も小さく、雑草の中に咲くものは見つけにくいスミレです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク