丹波七福神 金光寺


 金光寺は丹波七福神の第四番札所です。このお寺には弁財天が祀られています。
 弁財天(弁天さま)は女神であり、日本の神道における水の神、市杵島比売(いちきしまひめ)と同神とされる場合が多く、よく神社境内の宮池に浮かぶ小島に祀られていたりします。(厳島神社も同じ)
 弁財天は財福七珍萬宝を授ける神様として信仰されてきましたが、琵琶を持たれているせいでもありませんが、音楽や芸能の神様という性格も持たれていて、全国の弁財天社や市杵島比売神社の中には、芸能関係者が多く参拝する所もあるようです。また弁財天は大変美人の神様とも言われています。


金光寺

金光寺 山門


 山門を潜るとまず目に飛び込んでくるのは鐘楼堂です。鐘楼は戦時中に供出してしまったので、昭和五十五年に有縁の人々による浄志によって祈願鐘として再鋳されたものだそうです。


金光寺

鐘楼堂


金光寺

金光寺の庭


 山の中腹の斜面にある金光寺の境内は、階段状に建物が建っていて、鐘楼堂のある階には本堂と庫裏や土蔵が建っています。そして少し上段に天満宮の立派なお社が祀られています。寺の守護と共に地域の住民から崇敬されているのだそうです。


金光寺

天満宮


金光寺
弁財天の石像
-PR-
知恩院

 鐘楼堂のそばの石段を上る途中に弁財天の石像がありました。

 境内の最上段では薬師堂が目に留まります。薬師堂は元々は当寺の建物ではなかったようで、近くの寺にあったものを、江戸時代に火難を免れて移築されたものと伝わります。堂内の厨子には木造薬師如来座像、脇侍に日光・月光両菩薩、他に十二神将が祀られています。また別に阿弥陀如来座像も安置されています。


金光寺

薬師堂


 薬師堂の手前に行者堂の祠があり、その中には役行者、不動明王、地蔵菩薩の石仏と、住吉神社、弁財天の小さなお社が祀られています。
 住吉神社は航海の神様ですから、こちらも水に関係の深い神社です。天満宮にも相殿に水天宮が祀られているそうで、昔は勾配のきつい当地での農耕において、安定した水の確保を祈願した住民の想いが込められたものかと想像しながらお参りを済ませました。

 そういえば戦後しばらくまで管理人の住む辺りでは、「千歳から嫁をもらうのはいいが、嫁に出すのは娘が可愛そう」と言われていたそうです。山腹に民家が集まり、きつい斜面に水田が広がるこの村で、自動車や農業機械がなかった時代に、収穫時に重い米を家まで運ぶのは相当な重労働であったはずと古老が言っていました。そんな話を思い出しながら行者堂から亀岡盆地を見下ろすと、現代ならこの景色のいい所に住みたいと願う人は多いだろうなと、管理人などには羨ましく思える土地でした。


金光寺

行者堂   左端の小社が弁財天社


クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


法谷山 金光寺(浄土宗知恩院末寺)
 住所: 亀岡市千歳町千歳  連絡先(電話)0771-23-6513  最寄駅はバス停「中村」
 ご本尊は木造阿弥陀如来座像。脇侍は観音菩薩と勢至菩薩
 承応三年(1654年)頃、文覚上人の創建と伝わります。
 現在の本堂は昭和五十五年に再建されたものです。

 当ブログ内の他の丹波七福神はこちら「丹波七福神INDEX」で検索できます。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク