天稚神社(あめわかじんじゃ)


 神話の時代、人々が暮らす葦原中国(あしはらのなかつくに)は、大国主命によって統治されていました。しかし高天原(たかのあまはら)と呼ばれた天上界に住む神々は、天照大神の子孫による統治が望ましいと考え、何度か大国主命の元へ使者を送りました。
 最初に任命された使者で天照大神の御子の天忍穂耳(あめのおしほみみ)命は天界から下界を覗き見ただけで、「あんなに騒々しいところは手に負えません」と辞退しました。
 次に天忍穂耳命の弟の天菩比(あめのほひ)命が使わされましたが、この神は大国主命の家来となり、3年経っても高天原に戻って来ませんでした。

 そこで今度は天稚彦(あめのわかひこ)が使者となり大国主命に国を譲るように説得に行くのですが、彼は大国主命の娘の下照比(したてるひめ)命と恋に落ち結婚してしまいました。天稚彦にはこのまま葦原中国に留まって王の座を得んとする野望があったようです。そして8年が過ぎ、シビレを切らせた高天原の神々は理由を聞くために鳴女(なきめ)という雉を送ったのですが、天稚彦は不吉な鳥だとの忠告を受け弓矢で射殺してしまいました。そしてその矢は高天原の高皇産霊(たかむすび)神の元まで飛んでいき、怒った高皇産霊神は矢を下界に向けて投げ捨てました。その矢は就寝中の天稚彦の胸を射抜いて彼は死んでしまいました。
 国譲りはその後、建御雷(たけみかずち)命によって成し遂げられます。

 上記のように天稚彦は天上界の神々にとっては裏切り者ということになります。諸説あるようですが、天稚彦には「命」「尊」「神」のような尊称は付かないそうです。従ってこの神様を祭神として祀る神社は、全国的にも少ないようで、口丹波近辺でも南丹市日吉町の天稚神社とこのページで紹介する京北下熊田の天稚神社ぐらいではないかと思います。


天稚神社(下熊田)

天稚神社 一の鳥居


天稚神社(下熊田)

二の鳥居


天稚神社(下熊田)
拝殿
-PR-
日本の神話

天稚神社(下熊田)

本殿覆屋


 本殿は三間社で、中央に天稚彦、向かって右側に天稚彦の父神である天津国玉命、左側は妻の下照比命が祀られています。

 天稚は転じて天若となり、天若は現在の南丹市日吉町に地名として存在し、また日吉ダムのダム湖の名称にも使われています。林業の盛んだった地域で木々の生育を祈願して祀られていたものと考えます。
 また天若はアマノジャクとも読むことができることから、天稚彦がアマノジャクのモデルとする説があるそうです。

 管理人が天稚神社に興味を持ったのは、南丹市八木町神吉の八幡神社と京北栃本町の八幡宮と当社をあわせて、都の乾三八幡宮と称されたという郷土資料の記事を読んだ時からでした。当社の祭神は八幡神でもないのにどうしてだろう……?と。
 神社境内には五社稲荷神社と社名が不明な末社が1社、三輪神社遥拝所と御霊神社遥拝所、そして覆屋に守られた摂社の八幡宮の社がありました。恐らく往古は広く信仰を集めていた八幡宮だったのだろうと考え、一応納得して帰ってきました。


天稚神社(下熊田)

境内社の八幡宮


クリックで救える命がある。にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


天稚神社
 住所: 右京区京北下熊田町菅ヶ谷17(「菅ヶ谷」は地図で見つけられませんでした。神社は下熊田バス停付近です)
 旧社格は村社。
 天稚神社の吊燈籠は京都市指定文化財。またかつて境内には阿弥陀堂があり、安置されていた木造阿弥陀如来像は、明治の神仏分離によって現在は近くの宝泉寺に安置されています。この木造阿弥陀如来像も京都市から文化財の指定を受けています。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク