岩神神社と東光寺


 先日 京北の熊田というところにある岩神神社を訪ねました。数日前から続く冬型の天気で路面の積雪が心配でしたが、この日は問題なく現地まで行くことができました。
 岩神神社は山麓にある東光寺の隣に一の鳥居があって、東光寺はおそらく岩神神社の神宮寺で、その住職が別当職に当たっていたのではないかと思えます。

 一の鳥居を潜るとおよそ50㍍ほどの真っすぐな参道が境内へと続いています。参道はコンクリート舗装されていますが、さすがに雪が積もったままだったので、ゴム長を持参し忘れたことを後悔させられました。しかし本殿の前に着くと内部には明かりが灯されていて、当地の住民たちから崇敬されている神社であることがすぐに理解できました。


岩神神社

岩神神社 正面一の鳥居  向かって右隣が東光寺


岩神神社

二の鳥居  拝殿の先が本殿


岩神神社

本殿覆屋  屋根に雪が載っていないのが不思議な感じです


岩神神社
岩神神社
拝殿
白玉大明神

岩神神社
 住所: 京都市右京区京北熊田町雨ヶ岳9
 旧社格は村社。
 社頭の由緒板によると岩神神社の御祭神は猿田彦命で、至徳三年(1386年)に創建され、現在の本殿は寛保二年(1742年)であるが、実際にはそれ以前から建立されていたものと推測されるとありました。(一部省略)
 境内社は白玉大明神(宇迦之御魂神他二神)、皇大神宮(天照大神)、春日宮社(天児屋根命他三神)、八幡宮社(応神天皇)、北野天満宮社(菅原道真公)の五社ありました。



 車を東光寺の駐車場に止めさせてもらい、岩神神社で参拝する前に寺の本堂と護摩堂のお参りさせていただきました。護摩堂に立ててあった縁起案内には、文政九年(1826年)正月に建立された江戸時代後期の建物で、明治七年の神仏混合禁止令により、岩神神社御神体(仏像三体)を安置し、爾来禰宜の管理することとなり、平成五年に東光寺に返還されたとありました。ご本尊は不動明王です。


東光寺

東光寺 門前  向かって鐘楼の左奥は本堂


東光寺
護摩堂  隣には子安地蔵堂がありました
-PR-
春日大社

クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

医王山 東光寺(真言宗御室派)
 住所: 京都市右京区京北熊田町宮ノ前4
 室町期のものとされる鰐口は京都市から文化財(美術工芸品)の指定を受けています。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク