口丹波に棲む魚(1) ホトケドジョウ

クリックで救える命がある。

 管理人のホームページのトップページと当ブログの亀岡盆地のページで、昔 丹波は赤い水を湛えた湖だったという伝説を記していますが、これは伝説だけでなく地質調査でも亀岡盆地が湖だったことは明かされています。今も亀岡盆地をはじめ口丹波地域の河川に生息する魚の種類が多いのは、この「丹(に)のうみ」と呼ばれた湖と滋賀県の琵琶湖が河川で結ばれていたためではないかと管理人は考えています。
 そんな口丹波に住む魚たちですが、やはり最近は農地や宅地の開発、河川のコンクリート化や外来魚による食害等々で生息環境は悪化の一途です。
 亀岡市と南丹市八木町には国の特別天然記念物アユモドキ(写真ナシ)が生息していましたが、南丹市では近年絶滅が報告されました。幸いなことに亀岡市では行政やボランティアの方々の努力で種の存続に希望の光が指しています。(ただ密漁者もいるということで、その点は心配です)このたった一つの事例で判断してはいけませんが、やはりそこに住まう人の思いと行政の姿勢が希少種の存続と絶滅を決定したように思えなくもありません。
 口丹波の河川や池や湿地にはアユモドキ以外にも希少な淡水魚や水生植物、昆虫たちが多種生息しています。当ブログではそのような生物や植物も順次ご紹介していきたいと考えています。

 まずトップバッターとして管理人が選んだのはホトケドジョウです。ホトケドジョウは普通よく見かけるドジョウと違い浮き袋が発達していて泳ぎが達者です。成長しても6cm程度で愛嬌がありとても可愛い魚です。管理人がまずホトケドジョウを選んだのは、この魚が亀岡市、南丹市、船井郡のそれぞれごく限られた水域に生息しているからです。現在ホトケドジョウの数は全国的に激減していて、環境省のレッドリストでは絶滅危惧IB類(EN)に指定されています。にもかかわらず大多数の人にホトケドジョウは知られていません。少しでも多くの人に知ってもらって、是非みんなで守ってほしい魚です。

 以下にホトケドジョウの写真を掲載しますが、このホトケドジョウは口丹波産ではありません。


ホトケドジョウ

ビオトープで生まれたホトケドジョウの赤ちゃん


ホトケドジョウ

上の赤ちゃんが成長した個体


 ホトケドジョウの飼育について
 絶滅危惧種に指定はされていますが、飼育を禁止されているわけではありません。観賞魚を扱っているお店で売られているケースもあります。飼育する場合は他の魚種にも言えることですが飼えなくなった時に無暗に近くの川に放流したりせずに、マナーを守って飼育して下さい。
 また低水温を好むホトケドジョウは夏場の水温が28度~30度になるような水槽での飼育はほぼ不可能です。そのため初夏から秋にかけての時期には、写真のように屋外のビオトープなどに移してあげると繁殖も可能です。下の写真の個体はビオトープから水槽に移した時に撮影したものです。、この時はアルピノ(赤色個体)?と喜びましたが、水槽に移してしばらくすると本来の赤褐色に戻ってしまいました。

にほんブログ村 小動物ブログへ


ホトケドジョウ(ドジョウ科 ホトケドジョウ属)
 近年渓流に生息するものでナガレホトケドジョウという種が追加され、現在日本に生息するのはこの2種。日本固有種で分布は青森県・中国地方西部を除く本州と四国東部。また北海道には亜種でエドホトケが生息しています。主に流れのゆるやかな細流の水草の間を泳ぐことが多く、管理人はドジョウのように砂に潜る姿を見たことがありません。

PR

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

淋しいなぁ。
KBSでアユモドキは放送してもホトケドジョウは誰も知らないじゃないでしょうか?
かくゆうぼくも郷土資料館ではじめて知ったくらいですk

いつのまにか滅んでしまうんでしょうか...

No title

もう数年前になりますが京都新聞にホトケドジョウの記事が出たことがあります。現在の南丹市内で生息が確認されたという内容でしたが、その時も発見場所が具体的に書かれていました。とても信じられないことで驚いたことを覚えています。野生の動植物の生存において、最大の脅威が人間であることを知っておいてほしいものです。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク