北稲荷神社と大トチ



 国から重要伝統的建造物群保存地区に指定されている南丹市美山町北伝統的建造物群、いわゆるかやぶきの里の北西には小さな稲荷神社が鎮座されています。この地区の神社といえば集落の東に鎮座される八幡神社が有名で、八幡神社には参拝しても稲荷神社は素通りされる観光客が多いように思います。


北稲荷神社

神社正面 美山町北地区にあるので北稲荷神社と呼ばれています


 しかしこの稲荷神社の境内には南丹市から天然記念物の指定を受けている大きなトチノキが聳えています。美山町の名木でもあるトチノキは、樹齢数百年、幹周5.1㍍、樹高約25㍍の巨木です。注連縄が巻かれているので御神木のようです。


北稲荷神社と大トチ

北稲荷神社のトチ  冬は葉をすべて落としています


 トチは湿気を好み栄養分の豊富な土地でよく育ちます。また国内では東日本で多く見られ、栃木県はこの木を県の木に定めています。
 北稲荷神社のトチの周りにはロープが張られていて触れることはできません。老木なので根が踏まれないようにという住民の配慮でしょうか? でもこれはいいことだと思います。


大トチ
大トチの幹部分
-PR-
稲荷大神

 トチの幹部分には北側を中心にコケが多く生えています。このことでも一帯が年中湿気を多く含んだ環境なのだと理解できます。コケに自生しているのはオシャグジデンダという難しい名前のシダ植物です。
 トチの実は昔から人間にとって重要な食物でした。特に飢饉の年などはこのトチの実で飢えをしのぐようなことがあったのかも知れません。そんなことを考えながらしばらく木を眺めていました。


クリックで救える命がある。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

北稲荷神社
 住所: 京都府南丹市美山町北
 御祭神は倉稲魂(うがのみたま)命。創建時期等は不明。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク