古岩神社


 以前、福知山市三和町の大原神社に参拝した帰りに立ち寄った神社です。大原うぶやの里を出て国道173号線を大阪方面に向かって走ると、しばらくは峠の登り道となります。2kmほど登るとみずほトンネルで、トンネルを抜けると下り坂となり京丹波町の質志に入ります。管理人はてっきりこのトンネルが市町境だと思い込んでいたのですが、たまたま道路標識を見て実はもっと大原神社寄りから京丹波町だったことを知りました。
 その深い谷の底に沈む集落は戸津川地区といい、合併して旧瑞穂町になるまでは三宮村に属していて、江戸時代には京都市北区の等持院領だったといいます。谷底の僅かな平坦地は田畑として開墾され、多くの住居は山の斜面に建てられています。
 古岩神社も山麓の斜面を削って奥行きのない横にのびた境内に鎮座されていました。向拝のついた本殿覆屋と末社が1社並んで建っています。


古岩神社

古岩神社正面


古岩神社

本殿覆屋と末社


古岩神社
虹梁上の龍の彫刻
-PR-
今ご覧の
このブログ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

古岩神社
 住所: 京都府船井郡京丹波町戸津川宮ノ前
 御祭神は大山咋(おおやまくい)命  旧社格は村社。
 創建時期等は不明。
 同じ旧瑞穂町内(井脇地区)にもう1社古岩神社があります。井脇の古岩神社の御祭神は国常立(くにのとこたち)尊なので、特に関係はないのかも知れません。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク