積善寺と桜天満宮


 天満宮は学問の神として名高い菅原道真公を祭神とする神社です。ここ口丹波には南丹市の旧府社である生身天満宮をはじめいくつもの天満宮(天神さん)があります。

 そして亀岡市の桜天満宮は積善寺というお寺の境内に鎮座されている天神さんです。


積善寺

浄土宗禅林寺末寺の積善寺参道 紅葉の木が多く植えられています



積善寺
積善寺山門
-PR-
冷泉家歌ごよみ

 積善寺は過去2度の火災で、寺の記録は殆ど焼失して残っていないそうです。


桜天満宮

積善寺境内にある桜天満宮


 桜天満宮の創建時期は不明ですが、元々は独鈷抛(とこなげ)山の麓にあったものが、積善寺中興の祖である無極上人によって、建久元年(1190年)に現在の場所に遷座されました。
 桜天満宮には道真公の自作と伝わる土像が祀られています。(境内の案内より)

 天神さんといえばすぐに梅の花が頭に浮かんでくるものですが、こちらの天神さんは桜を冠しています。これは道真公所縁の桜が植えられていた場所に遷座されたことと、この積善寺境内を中心とする周辺から桜石(菫青石仮晶)という鉱物が採取できたことでこの社名になったようです。桜石は道真公所縁の桜が地下の岩石にその花紋を残したという言い伝えが残っています。


桜天満宮

桜天満宮から見た積善寺境内


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

積善寺と桜天満宮
 住所: 京都府亀岡市稗田野町柿花中道54(稗田野の稗の字は、正式には草冠がつきます)
 稗田野の桜石は大正十一年(1922年)に国の天然記念物に指定され、鉱物では府内唯一の天然記念物です。



あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク