コウヤボウキ




 京都市右京区の山中の道路脇でコウヤボウキの花を見つけました。コウヤボウキは生長しても精々1㍍ほどの小低木で、幹も枝もか細くて上には伸びず、地面を這うようにして集団で自生していました。ちょうど今が花の最盛期のようで、一見オハラメアザミに似たような形の花が多く見られました。ただ1本の枝に多くの花を咲かせているものはなく、集団で生えていても花はまばらな感じです。


コウヤボウキ

コウヤボウキ


クリックで救える命がある。

 高野山でこの木を利用して箒が作られていたので、コウヤボウキという名前が付いたそうです。確かにコウヤボウキの枝は細くしなやかで、しかも硬く感じられ、箒の材料としては申し分のない素材なのかも知れません。きっと高野山にはよほどたくさんのコウヤボウキが自生しているのでしょう。
 京都府でも特別珍しい植物ではないようですが、管理人は初めて出会ったような気がします。花の大きさは2㌢弱、花だけでなく卵型の葉もなんとなく可愛いく映ります。野山からどんどん花が消えていく今の時期に咲いてくれるありがたい植物です。


コウヤボウキ

コウヤボウキの花


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

コウヤボウキ(キク科コウヤボウキ属の小低木)
 キク科ですが草本ではなく木本です。関東以西の本州、四国、九州に自生しています。別名をタマボウキというそうです。



-PR-
  

 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク