三俣渓谷



 亀岡市の北東部に位置する旭町から国道477号線を東へ進路をとると、その先は右京区越畑、南丹市八木町神吉、あるいは同市日吉町の日吉ダム、さらに右京区京北へとアクセスできます。
 亀岡の自然100選にも入っている三俣(みまた)渓谷は旭町の通称郷ノ口と呼ばれる府道408との分岐点からおよそ1kmほど国道477を進んで、巨大な砂防ダムを過ぎた辺りからの景色が絶景です。国道は三俣川に沿った谷筋を蛇行しながら標高の高い越畑方面に登って行き、途中乗用車同士でも離合が困難な所も何カ所かあります。国道から下を覗き込んでも、大きく生長した杉林と雑木で殆ど川の流れは見えません。また正直言って不法投棄されたゴミが多いので国道より下を見ることはお勧めできません。
 しかし川面からかなり高い所を通る国道よりもさらに高い対岸に姿を現す懸崖は見事です。


三俣渓谷

三俣渓谷の懸崖


三俣渓谷

懸崖に生える松の木  趣があります


クリックで救える命がある。

 この崖は中生代三畳紀(約2億5千百万年前-約1億9千5百万年前)からジュラ紀(中生代三畳紀の後-約1億3千5百万年)にかけてできたチャートの地層なのだそうです。ジュラ紀とか聞くとすぐに管理人などは恐竜をイメージしてしまい、ひょっとして兵庫県丹波市の丹波竜のように恐竜の化石が出るんじゃないかと思ったりもしましたが、チャートという石は深海で放散虫という微生物の死骸が固まった、それ自体が化石ということで、陸生生物の化石が出る可能性は低いみたいです。


三俣渓谷

チャートの懸崖


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

三俣渓谷
 住所: 京都府亀岡市旭町三俣
 狭い道路でも交通量はそこそこあります。渓谷を見物する場合は十分な注意が必要です。
 京都新聞社刊の渓流紀行-京都・滋賀の釣り-(水野丹石氏著)には三俣川のアマゴが紹介されています。だれも放流などしないので勿論天然のアマゴですが、雑木や雑草だらけのこの川で釣りをするのは難しいように思います。

-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク