アケボノソウ


 秋雨の後、アケボノソウが林道脇の地下水が浸み出ている斜面に咲いていました。最初に見つけたのは草丈20㌢ほどの小さな株で、地上を這うようにして一輪の花を咲かせていました。そして周囲を少し歩いてみると、草丈50~80㌢ほどのアケボノソウがたくさんあって、正午を過ぎたばかりだというのに薄暗い谷間で、可憐な花がいっぱい咲いていました。


アケボノソウ

最初に見つけたアケボノソウ  地面すれすれで咲いていました


アケボノソウ

近くで咲いていたアケボノソウ  ツボミも多く、まだ咲き始めのようです


クリックで救える命がある。

 アケボノソウを見たのは初めてでした。初めはホトトギスの仲間かなとも思いましたが、葉の形がなんとなくリンドウのようだったので、帰ってから調べるのにそんなに時間はかかりませんでした。思った通りリンドウの仲間だったので、なんだか嬉しい気持ちです。
 アケボノソウの名前はこの花の模様から明けがたに輝く天空の月と星をイメージしてつけらけたそうです。ロマンチックな名前です。既出のジイソブ(ツルニンジン)エゴノキの名前の由来とは偉い違いです。


アケボノソウ

花や葉にまだ雨の滴が残っています


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

アケボノソウ(リンドウ科センブリ属の2年草)
 全国の山間の渓流や沢沿い、また湿地に生える山野草です。花期は9~10月頃で、口丹波ではこれからが本番のようです。センブリ属ということですが、アケボノソウが漢方薬の材料となるような話は聞きません。またセンブリのように苦いかどうかということも勿論知りません。


-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク