阿上三所神社の樫と藤

クリックで救える命がある。

 京都府船井郡京丹波町の旧和知町内にある四つの阿上三所神社(あじょうさんしょじんじゃ)の一つ、坂原地区の阿上三所神社境内には、神社が創建された時には既に存在していたと言われる樫の木と藤の木が並んで立っています。神社の創建が観応元年(1350年)と言われていますので、共に樹齢700年以上と推定されている老大木です。通常藤は巻きついた木を絞め殺すと言われていますが、境内の2本は互いに助け合って700年を生き抜いて来たのでしょう。樫の根元は腐朽により大きな洞ができていますが、まるでそんな樫を藤が支えているようさえ見えます。


ajosakahara001

700年以上坂原の人々の生活を見守ってきた樫の木と藤の木


ajosakahara002

樫の木の洞

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ


阿上三所神社の住所:京都府船井郡京丹波町坂原森ノワキ



テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク