ミヤマウズラの花



 今年3月下旬に、管理人としては本当に久々にミヤマウズラの自生を確認して以来、その後多くの自生箇所を見つけることができました。そして昨日、今年最初の開花し始めたミヤマウズラを見つけました。ミヤマウズラはその白斑の入った葉が魅力で、結構人気のある野生ランの1種ですが、花は小さくて派手さもそんなに無く注目度は低いようです。しかしどうしてどうして、近付いてよく見るとなんとも可愛い姿をしています。


ミヤマウズラ

ミヤマウズラの花  崖の上の方に咲いていて、近付けませんでした


ミヤマウズラ

違う場所で咲くミヤマウズラ  子供が漫画チックにバンザイをしているように見えませんか?


クリックで救える命がある。

 2枚目の花のバックにはぼんやりと数株のミヤマウズラが写っていますが、花序を伸ばしているのはこの株だけでした。観察していく内に、どうやらミヤマウズラは花を咲かせない年もあるように思えました。大きな株だから咲かせるとか、小さいから咲かせないというものでもないようです。ごく小さな株でも小さいながらの花序を伸ばし、数個の花を咲かせていました。
 ミヤマウズラの自生地では、数メートル間隔で点在している個所と、数株が集まって育っている個所があります。さらに半日陰地に自生しているものが殆どですが、極端に雨が少ない今年でも、よく乾いた土壌に耐えて枯れることなく生長しています。

ミヤマウズラミヤマウズラ
ツボミ  開花までまだ10日ほどかかります自生地にて  7株見えます
ミヤマウズラミヤマウズラ
自生地にて  複雑な斑入り葉です自生地にて  上部に子株があります

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

ミヤマウズラ(ラン科シュスラン属の多年草)
 当ブログ内 過去のミヤマウズラのページはコチラ
 特に保護対象の植物ではありませんが、各自生地で復旧が困難になるほどの採取は実に慎むべきことであることは言うまでもありません。しかし世の中には例えそれが絶滅危惧種であっても、根こそぎ採取してしまう人がいるのも現実です。従って当ブログでは自生地が特定できる(町名、山や川の名前、道路の名前等)ような表記は避けています。ご了承下さい。

 【 管理人からのお知らせ 】
  ミヤマウズラの購入をお考えの方はこちらをご覧ください。

-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク