丹波 足利尊氏の足跡(9) 明光山 養泉寺


 福知山市の三段池公園近くには、丹波萩の寺として有名な養泉寺があります。
 境内の縁起を見ると、養泉寺の開創は暦応二年(1339年)で、三光国師(孤峰覚明)の四筵開場の最初の道場である、とありました。また三光国師は後醍醐天皇のご信仰が篤く、隠岐島から鳥取県の船上山に逃れられた時に、出雲の国雲樹寺より召されて禅学を講じ、京に戻られてからも禁裏に侍講、南禅寺に住むようにと勧められたのですが、国師は名刹を好まず病と偽って養泉寺に帰られたとあります。


養泉寺

養泉寺境内  たくさんのハギが植えられています


クリックで救える命がある。

 足利尊氏はこの三光国師に大層帰依していて、丹波国天田郡庵我庄の当寺におられた国師に懇願し、醍醐寺を建てました。国師も後醍醐天皇の菩提を弔うためならと承諾し醍醐寺開山の祖となられたといわれています。後に養泉寺は繁栄した醍醐寺の末寺となり今に至っています。
 養泉寺境内に建つ観音堂は、七堂伽藍を有するも室町時代に廃寺となった大仙寺(真言宗)の、一宇だけ残ったものを元禄四年(1691年)に領主の命によって移築されたもので、現在の御堂は嘉永元年(1848年)に修築されたものです。またその格天井は福知山城の舞殿にあったものと伝わり、81枚の板には百花百鳥が色鮮やかに描かれています。
 このお寺にいつ頃ハギが植えられたのかはわかりませんが、現在白ハギ、宮城野ハギ、錦ハギなどがあるそうです。お寺を訪ねた時にはまだツボミでしたが、9月に入れば本格的に咲きはじめるのではないでしょうか?

養泉寺養泉寺
観音堂ハギ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

明光山 養泉寺(臨済宗南禅寺派の禅寺)
 住所: 京都府福知山市中375
 駐車場有り。   養泉寺のホームページはコチラ
 養泉寺の文化財: 【市指定文化財】絹本著色光明本尊像 (美術工芸品) これは本来なら浄土真宗で用いられるものですが、元は養泉寺の近くにあった浄土真宗の久宝寺にあった寺宝で、永正年中(1504~1521年)に廃寺となったために、天文二十年(1551年)の親鸞聖人の命日に当寺に寄進されたものと伝わります。ひどく傷んではいますが、画風から室町時代初期の作品と考えられています。

-PR-
  

 

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク