日吉ダム


 日吉ダムは南丹市を流れる桂川(別称 大堰川・保津川)の中流に建設されたダムで、最大貯水量は6,600万立米(東京ドーム約53杯分)を誇る関西有数の巨大なダムです。ダム建設の主目的は治水であり、このダムの完成によって下流域の南丹市および亀岡市における大雨時の水害は大いに軽減されたものと思われます。


日吉ダム

日吉ダム 下流からの眺め


クリックで救える命がある。

 全国的にも多いケースですが、国の計画以来地域住民の反対により20年以上を要し、1984年に補償交渉が成立すると、水没する天若地区の200世帯近くが他所へ転居されました。ダムは1971年に着工され、1997年に完工したのですが、住民との和解には着工後も13年間が費やされたのでした。
 日吉ダムは地域に開かれたダムをスローガンに掲げ、水を溜めるだけの単なるダムではなく、周辺整備に力を注ぎ観光地としての要素を多分に持たせることにより、町興しや経済的効果に貢献できるダムを目指しました。

天若湖天若湖
天若湖天若湖


 日吉ダムでできた湖は天若湖と呼ばれています。周回道路が整備され週末には多くの人がウォーキングにやってきます。またダム下流には複合温泉施設のスプリングひよしがあり、温泉、温水プール、体育館、レストランなどが充実していてこちらも人気スポットとなっています。
 日吉ダムができる以前、少し上流に世木ダムという関西電力の小さなダムがありました。現在世木ダムは天若湖によってその大部分が水没してしまっていますが、発電の役割はまだ果たしています。この世木ダム付近の湖面には主に流木を堰き止めるロープが張られています。大型の台風が来た時などは上流から大量のゴミが天若湖に流入してきますが、中には巨大な流木も多く混じっています。ダムでは流木が大量に湖面を埋めたときに、大がかりな撤去作業を行います。そこで撤去された流木は一カ所に集められ、ダム管理所の許可を得た上で無料でいただくことができます。最近は流れてくる量が少ないのか、流木置き場を見ても殆ど流木はありませんでしたが、流木に興味のある方は、大雨の後などにダム管理所に問合せられたらよろしいのではないかと思います。正に掘り出し物が見つかるかも知れません。

世木ダム

世木ダム


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

日吉ダム
 住所: 京都府南丹市日吉町中

 日吉ダム周辺は管理人のよく散策する地域です。先月訪れた時には昼間だというのにアナグマに遭遇しました。鼻筋が白くタヌキとは区別できました。そのほか大きなシカや聞いたことのない野鳥の囀りも耳にします。人工のダムですがきれいな景色と豊かな自然に触れ合えるスポットです。
 この世木ダムの少し上流から桂川は上桂川と呼ばれ、オオサンショウウオも多く生息する清流が流れます。今の時期はアユ釣りが盛んで、多くの太公望たちが川に入ってアユを追いかけています。

 スプリングひよしのホームページは コチラ

 日吉ダム管理所のホームページは コチラ

 流木無料配布のお知らせ(全国のダム編)のホームページは コチラ



-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク