ベニシュスラン




 5月の連休の間に京丹波町のわち山野草の森で購入したベニシュスランが開花しました。ポットで売られていたベニシュスランを持ち帰ってすぐにミズゴケを敷きつめた鉢に移植した時は、少々しおれて元気が無さそうに見えましたが、見る見るうちに茎も葉もしっかりしてきて、7月中旬頃からツボミを立ち上げようやく開花したものです。

ベニシュスランベニシュスラン
ベニシュスラン(6月下旬)ベニシュスラン(7月中旬)

クリックで救える命がある。

 5㌢ほどの本体と同じぐらいの長さの筒状の花は、白地に薄いピンクを滲ませたような色をしていて可愛い花ではありますが、頭でっかちな感は否めません。
 自宅ではずっと風通しの良い屋外の日陰に置いていました。毎日水は欠かさず与えていたのですが、ほとんど放置状態でした。そしてツボミが目立ってきた頃に初めて、若葉がナメクジの食害に遭っていることに気付き、慌てて軒下の棚に避難させました。鉢の中の2本のベニシュスランの葉は、白斑模様が随分と違っていて個性的です。そのあたりは同じシュスラン属のミヤマウズラのようです。そんな大事な葉をナメクジに食べられるような失態を犯してしまったことは反省しないといけません。
 でもなんとか2株とも開花してくれたので、やれやれです。1方の花は1輪で、もう1方は少し小さめの花を2輪同時に咲かせました。


ベニシュスラン

横から見たベニシュスランの花


ベニシュスラン

正面から見たベニシュスランの花


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

ベニシュスラン(ラン科シュスラン属の多年草)
 京都府のRDBには記載されていないので、府下では特に希少な植物ではないようです。管理人は自生個体をまだ見たことがありませんが、いつかは出会ってみたいと思っています。

※ 訂正とお詫び: 先日この記事を読んで下さった方(非公開コメントだったためお名前は伏せています)から、ベニシュスランは京都には標本記録が残っていない。つまり育成が確認されていないランで、近畿地方のRDBにおいても絶滅危惧種Aとされる超希少種であるとのご指摘を頂戴いたしました。管理人の勉強不足でした。ここに訂正しお詫び申し上げます。またご指摘下さった方には感謝いたします。ありがとうございました。(2010.12.17)

-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク