ミズゴケ



 以前ホームセンターでサギソウの植え込み材に乾燥ミズゴケを購入したら、そのミズゴケはニュージーランドから輸入されたものでした。国内では一時ミズゴケの乱獲によって湿地の環境が荒らされたと聞きますが、輸入によって安価なミズゴケが大量に出回るようになったので、国内のミズゴケの受難はひとまず去ったように思います。反面国外では日本向けにミズゴケの乱獲が横行しているのではないかという心配もありますが…
 そんなミズゴケですが、勿論管理人の住む口丹波地方にも自生地はあります。ただ湿地ならどこにでも生えているというものでもなく、割と限られた場所に細々と自生しているので、口丹波に住んでいれば普通に目にするというコケではありません。


ミズゴケ

自生地のミズゴケ


クリックで救える命がある。

 このミズゴケは京都市北西部の山中で、絶えず山から湧き水が浸み出す林道の法面の大変狭い範囲に生えていました。林道といっても舗装されていて、1日に何十台かの自動車は行き交います。今まで誰にも採られずによく無事でいたものだと思いました。これも輸入ミズゴケのお陰かも知れません。わざわざ深山に分け入らなくても、こんなに人里近い場所でミズゴケが見られる環境を大切にしていってほしいものです。


ミズゴケ

見た目に涼しいミズゴケ


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

ミズゴケ(ミズゴケ科ミズゴケ属)
 日本には40種類以上も自生しているそうです。その中で写真のミズゴケはおそらくオオミズゴケではないかと思います。管理人も自宅で育てているサギソウやベニシュスランの植え込み材料にミズゴケを利用していますが、特にラン科植物の園芸目的で広く利用されています。

-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク