オオバトンボソウ


 南丹市の山林に自生していました。野生ランの1種だろうと思い写真を撮って、帰って調べるとどうやらオオバトンボソウのようです。最初の写真とその次の写真のものは、場所は離れていましたが同じ林道沿いにあり、2枚目の写真の草本の周囲には他に3株ほどありました。


オオバトンボソウ

林道の斜面に1本だけ生えていたオオバトンボソウ


クリックで救える命がある。

 今まで身近な野生のラン科植物はシュンランぐらいなものだと思っていました。ところが車で走っていたところを歩き、癖で足早に歩くところをゆっくりと注意深く歩くと、色々な発見があるものなんだなぁ~と驚いています。先般京丹波町で初めて見たクモキリソウは、その後京都市や南丹市でも見つかりました。ミヤマウズラも同様です。それらは特に絶滅の危機にある植物ではないものの、こうもたやすく見つけることができるものかと不思議にも思えますが、それだけ口丹波地方全域にまだ豊かな自然が残っているということなのでしょう。


オオバトンボソウ

オオバトンボソウ  開花寸前?

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

オオバトンボソウ(ラン科ツレサギソウ属またはトンボソウ属)
 湿った土壌を好むようですが、下の写真のものは直射日光の当たるどちらかというと乾いた斜面に生えていました。本州から九州まで分布しています。

オオバトンボソウはホームページ三枚山の植物にも掲載しています。

-PR-
  

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク