七色の木


 丹波の名山長老岳(917m)の麓、あまごの里で有名な京丹波町仏主(ほどす)地区には、七色の木と呼ばれる大変珍しい木があります。


七色の木

七色の木


クリックで救える命がある。

 この七色の木はカツラの大木にスギケヤキフジカヤイロハモミジイタヤカエデの6種類の木が宿るというものです。その幹周は7㍍を越え、樹高は11㍍という巨木で、仏主の集落を過ぎて長老岳登山口から権現谷方向に沢沿いの山道を少し歩いた場所にありました。
 6月上旬、涼しげなカジカガエルの鳴き声がし、オオバアサガラの花や、白と緑のコントラストがとてもきれいなマタタビの葉を見ながら歩く山道は大変楽しいものでした。


七色の木

七色の木に通じる山道


七色の木

下から見上げた七色の木  見えている葉は共生しているモミジかカエデのようです


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

七色の木
 自生地: 京都府船井郡京丹波町仏主本谷
 七色の木は京都の自然200選に選ばれていて、京丹波町の天然記念物に指定されています。

-PR-
   

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク