オオバアサガラ



 長い間この木の名前が判らないままでいたのですが、ようやくオオバアサガラという名前だと判りました。先に掲載した音谷の滝のある洞谷でも咲いていましたが、京丹波町などでも沢沿いでよく見ることができました。


オオバアサガラ

オオバアサガラ


クリックで救える命がある。

 真っ白な花が集まった大きな花の塊は、まるでブドウの房のように枝から大量にぶら下がり大変見応えのある樹木です。
 最初はこれもウツギの仲間ではないかと思っていたのですがエゴノキの仲間でした。そういえばエゴノキも葉の裏側に白い花を多く咲かせる木なので納得です。それらウツギやエゴノキのように6月に口丹波で白い花を咲かせる木々は多くありますが、管理人アタとしてはオオバアサガラがその中で一番美しいと思えます。


オオバアサガラ

オオバアサガラの花


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

オオバアサガラ(エゴノキ科アサガラ属の落葉小高木)
 本州、四国、九州に分布していて、やはり山地の沢沿いで多く見られるようです。同属にアサガラという木があり、枝が折れやすくまるで麻殻のようなのでこの名がついたそうです。

-PR-
   

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク