摩気神社のお田植祭り

このページでは南丹市摩気神社のお田植祭りを紹介しています。



 6月6日の日曜日に、南丹市園部町にある摩気(まけ)神社でお田植祭りが営まれました。


お田植祭り

お田植祭りは境内の拝殿で営まれました


お田植祭り

氏子の女性たちがカスリの着物姿で豊作を祈願して舞うお祭りです


クリックで救える命がある。

 摩気神社は創建時期ははっきりしませんが延喜式神名帳名神大社として記載されていて、1200年以上の歴史を有する丹波でも屈指の由緒ある神社です。また茅葺屋根の本殿は一間社流造の社殿としては京都府内最大で、地元では北向きに建つ北面神社としても有名です。
 地元の方に伺うとお田植祭りが始まった時期は不明ですが、これも随分昔からあったようですよとおっしゃってました。ただ近年は宮係りの方が氏子さんの家を回り、祭りの舞い手を依頼されても断られるケースが増えて、なかなか人集めが大変なのだそうです。この日は少女から婦人会の女性までの幅広い年齢層の皆さんが拝殿の中で輪になって、宮係の方や区長さんらの歌われるお田植祭りの歌に合わせて舞われました。


お田植祭り

本殿にちまきを奉納する舞い手の女性


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

摩気神社
 住所:京都府南丹市園部町竹井宮ノ谷
 御祭神は大御饌津彦神(おおみけつのかみ) 。御饌が転じて摩(麻)気となったと言われています。饌とは食べ物の意で、食物や農業の神とされています。お田植祭りの歌の歌詞の一つに「御饌の大神かしこきみ名を、たたえまつりし摩気の里」とあるように、昔は摩気郷11ヶ村の総社だった摩気神社の神様は、五穀豊穣の神として1200年以上も氏子から厚く崇拝されきました。
 お田植祭りは以前は6月5日と決まっていたようですが、近年は6月の第1日曜日となっているようです。今年は午前10時から始まり11時頃に終了しました。

 管理人のホームページ口丹波の社の摩気神社のページはコチラ


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

南丹市の歳時記

こんばんは。
ちょっと歳時記を調べているうちに、偶然に入りました。
入ったので、コメントでも残しておきます。

こちらは、摩気神社や尾長野は、08年に行きました。
摩気神社は神幸祭の方も行ってますけど…
結構、南丹市って変わった歳時記が多いですね。
南丹市は、まだまだ少ないですが13歳時記を撮っています。

こちらも、パソコンにNinjaソフトが入っていたので使ってましたが、
ホームページの容量が50MB~70MBの頃はなんでもなかったのですが…
100MBあたりから読み込みが遅くなりダウンロードが大変に。
そこでビルダーに変更しました。
現在、ホームページの方は170MB前後。

13歳時記?

沙都さん はじめまして。
コメントありがとうございます。沙都さんのような素晴らしいサイトの管理人さんからコメントをいただけるなんて感激です。ただ私の勉強不足で13歳時記の意味がイマイチ理解できませんでした。申し訳ございません。
ところで本日HP「口丹波の社」に「田原のおん田」のページを追加しました。多治神社のページから入れますのでよろしければ覗いてみて下さい。
そのHPですがFFFTP転送時のファイル容量は現在約85MBでした。現状ではDLの待ち時間に問題はありません。100MBを超えてみないとわかりませんが、100MBまでHPの更新ができるかもわかりません。
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク