ニホンカナヘビ




 5月のGWに入った途端に季節は冬から一気に初夏へと移った感じです。管理人のような老体にはかなりキツイものがあります。休み中ぼんやりと庭で咲き始めたキリシマツツジを眺めていると、初夏の陽気に誘われてかカナヘビがツツジの上で日向ぼっこをしていました。


ニホンカナヘビ

結構体格のいい成体です。


クリックで救える命がある。

 長いものが苦手な管理人も、どうゆうわけかこのカナヘビだけには愛着が持てて、子供の頃には飼育をした経験もあります。他のトカゲ類と較べ肝が据わっているというか、人がそばに近づいても逃げないことが多く、顔つきも結構かわいい顔をしています。実際「愛蛇(かなへび)」が名前の由来という説もあるそうです。
 そんなカナヘビは夏の間、毎日のように庭のどこかに現れます。住み着いているのだと思います。昨年は体長が5㌢ほどの子供の姿もありましたので、我家で繁殖までしているのかも知れません。


ニホンカナヘビ

カメラを近づけても逃げる素振りはありません。


にほんブログ村 小動物ブログへ

ニホンカナヘビ(カナヘビ科カナヘビ属)
 日本の固有種なのだそうです。全国に分布していて民家の庭や野原でよく見られるので、子供たちにもお馴染のトカゲです。体色は地味ながら目がクリッとしていてどこか愛嬌があり、ペットとして飼っている人も多いのではないかと思います。

-PR-
   

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク