常照皇寺(2)



 常照皇寺はが有名で、桜の時期には多くの観光客が訪れます。しかしこのお寺は桜だけでなく、伽藍の方も大変立派で、観光客が少ない時期を見計らって行くと、心の落ち着くすばらしい空気が流れています。

常照皇寺

方丈の釈迦如来立像


 高所から衆生を眺めておられます。

開山堂・怡雲庵(いうんあん)の仏様
常照皇寺
常照皇寺
常照皇寺
一番奥に光厳上皇像
釈迦如来坐像と脇侍像
阿弥陀三尊来迎像


 開山の光厳上皇が一番奥に安置されているのが印象的です。

開山堂・怡雲庵の仏様
常照皇寺
常照皇寺
禅の開祖・達磨大師でしょうか?
十六羅漢像(上下連結写真)



クリックで救える命がある。

 大変見づらいですが、仏堂内部の左右上方に十六羅漢像が安置されています。(写真は2枚の写真を上下に貼り付けた合成写真です) 十六羅漢の一人で、他の寺院を訪ねるとお堂の外に安置されているおびんづる様も、常照皇寺ではこうしてちゃんとお堂の中に安置されていました。

 常照皇寺は貞治元年(1362年)に光厳上皇によって開山されて以来、約600年近く皇室との強い結びつきを持った由緒ある寺院ですが、明智光秀による丹波攻めや秀吉の太閤検地による寺領没収等により衰退しました。江戸期に後水尾天皇の志納等で徐々に回復していき、明治になって国からの支援を受け堂宇・庭園を拡大しましたが、これも第二次大戦後に多くの寺田や資産を没収され現在に至っています。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

常照皇寺の文化財… 【国指定重要文化財】木造阿弥陀如来及び両脇侍像(美術工芸品) 九重桜(天然記念物) 
              【府指定文化財】境内(史跡)                 

 

PR
   

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク